羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍

羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍

刺繍と言えば刺繍糸と様々なステッチを組み合わせて素敵な図柄を刺していく方法が一般的ですが、今話題の羊毛フェルトを使って刺繍することも可能です。立体的でもこもことした出来上がりになり、多くの人々から注目されています。

作る前に用意しておきたい用具と材料

羊毛フェルトの刺繍には、フェルティングニードルと呼ばれる長い針が必要不可欠になります。羊毛フェルトをフェルティングニードルで生地に差し込んで図柄をつくっていくため、カッティングボードが必要です。カッティングボードは専用のボードでなくても、いらなくなった雑誌などで代用することもできます。またカッティングボードの上にフェルティングマットをのせて作業します。フェルティングマットはスポンジでも代用することができます。図案を書き写すときに便利な消えるタイプのチャコペンやを刺繍する布、好きな色の羊毛フェルトを用意します。

意外と簡単な羊毛フェルト刺繍の作り方

記事のイメージ画像

最初に、布の上に消えるチャコペンで図案を描いておきます。次に図案の大きさに合わせて羊毛フェルトをちぎり、図案の上に載せていきます。このとき繊維の向きが一定方向ではなくランダムになるようによくからませておくと、布に刺しやすくなります。続いて羊毛フェルトをニードルで布に刺していく工程に入りますが、このとき図案の線に沿って外側から内側に向けて刺していくときれいに仕上げることができます。刺していくうちに羊毛フェルトが不足している部分があることに気づけば、その都度少しずつ足していくと整った形に仕上がります。

最後の仕上げと様々な利用の仕方

刺繍が刺し終わったら、飛び出ている羊毛が気になるようであればハサミで切ってそろえておきます。ポーチや小物などのワンポイントにする他にも、刺繍した部分を切り抜いてカードに貼れば手作りの素敵なカードが出来上がります。またくるみボタンに刺してブローチにすれば、洋服やカバンといった様々な場所につけることができます。洋服に直接刺すこともできますが、洗濯堅牢度はあまりよくないという特徴があります。洋服に刺す場合は、優しく手洗いすることをおすすめします。羊毛フェルトは百円均一ショップでも購入できるため、簡単に手に入れることができます。

まとめ

羊毛フェルトの刺繍には専用のニードルやマットなどが必要となり、ステッチしなくてもニードルで刺すだけで簡単に出来上がります。ポーチやブローチ、カードなどへの様々な利用の仕方があり、羊毛は百円均一ショップで購入できます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人気の羊毛フェルトの作り方を知ろう
羊毛フェルトでも作ることができるブローチ
羊毛フェルトでつくるコースター
羊毛フェルトに興味があるならキットから始めよう
今話題の羊毛フェルトでアクセサリー作り
もこもこ羊毛フェルトアップリケ
羊毛フェルトにアレンジを加えていこう
参加してみたい羊毛フェルトのイベント
オーダーメイドできる羊毛フェルトのぬいぐるみ
フェルトでマスコットを作ってみよう
簡単に作ることができるフェルトボール
フェルトでかわいいぬいぐるみが作れます
フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る
色々なフェルト生地
クールな着こなしへ ~フェルトハット~
フェルトでお守りを作ってみよう
お子さんのおままごと道具をフェルトで作る
フェルトの名札を作って人気者に
フェルトのアップリケで可愛らしいハンドメイドグッズ
便利に使えるアイロンで接着できるフェルト
大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト
フェルトで赤ちゃんのおもちゃを手作り
温かみのあるアルバムにはフェルトを使う
レッスンを受ける意味、フェルト手芸上達の近道
オリジナルのフェルト印刷をやってみること
フェルトを使用してイラストを表現する
フェルトを縫い合わせるのにどの糸を使ったらいいか