羊毛フェルトでつくるコースター

羊毛フェルトでつくるコースター

最近羊毛フェルトでつくる手芸が人気を集めていますが、羊毛フェルト初心者にぜひおすすめしたいのがコースターです。コースターなら特別なテクニックがなくても簡単に作ることができるため、ぜひ試してみてください。

簡単に用意できる材料とコースター作り方

羊毛フェルトのコースターは、専用の羊毛さえあれば自宅にあるものを利用して作ることができます。用意するものはお湯と洗剤で、フェルトシートを作ることからスタートします。作業する場所はお湯で濡れてしまうため、テーブルの上にシートをかけたりキッチンで作業することをおすすめします。まず最初に1つのコースターにつき約10グラムの羊毛フェルトを用意します。単色や複数の色など、自分の好みに合わせて好きなように選んでみてください。選んだ羊毛を薄くちぎって、好みのサイズに繊維の方向が全て縦になるように薄く並べていきます。

こするだけでつくれるフェルトシート

40度くらいで500ミリリットルのお湯につき1滴の食器用洗剤を混ぜ合わせ、薄くのばしておいた羊毛フェルトをビニール手袋をつけた手で洗剤液をなじませます。その上に次は繊維の方向が横になるように羊毛フェルトを薄くのばしていき、洗剤液をかけてこすりながらなじませていきます。繊維の向きを変えながら同じ作業をトータルで4回繰り返します。しっかりとこすることで羊毛どうしがからまりあい、シート状になります。フェルトシートが完成したら好きなコースターの形にカットし、縁がほどけてこないようにしっかりとこすり合わせます。

最後の仕上げと手作りのポイント

しっかりとこすって繊維どうしがからまりあったら、洗って洗剤を落としてから水分をしっかりと取り除きます。最後に、全体に中温でアイロンをかけて縁もほどけないようにアイロンをあてておきます。2色を組み合わせてつくれば、裏と表を違う色にしてリバーシブルのコースターとして使うことができます。またストライプなどのシンプルな模様を入れて作ってみるのもおすすめです。ごしごしとこするだけで作ることができるため、子供と一緒に夏休みの工作としてつくるのも最適だと言えます。家族全員の分のコースターをぜひ作ってみてください。

まとめ

羊毛フェルトのコースターは、専用の羊毛さえあれば家にあるものを利用してごしごしとこするだけで簡単に作ることができます。様々なデザインが楽しめ、子供と一緒に夏休みの工作としてつくるのもおすすめだと言えます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人気の羊毛フェルトの作り方を知ろう
羊毛フェルトでも作ることができるブローチ
羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍
羊毛フェルトに興味があるならキットから始めよう
今話題の羊毛フェルトでアクセサリー作り
もこもこ羊毛フェルトアップリケ
羊毛フェルトにアレンジを加えていこう
参加してみたい羊毛フェルトのイベント
オーダーメイドできる羊毛フェルトのぬいぐるみ
フェルトでマスコットを作ってみよう
簡単に作ることができるフェルトボール
フェルトでかわいいぬいぐるみが作れます
フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る
色々なフェルト生地
クールな着こなしへ ~フェルトハット~
フェルトでお守りを作ってみよう
お子さんのおままごと道具をフェルトで作る
フェルトの名札を作って人気者に
フェルトのアップリケで可愛らしいハンドメイドグッズ
便利に使えるアイロンで接着できるフェルト
大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト
フェルトで赤ちゃんのおもちゃを手作り
温かみのあるアルバムにはフェルトを使う
レッスンを受ける意味、フェルト手芸上達の近道
オリジナルのフェルト印刷をやってみること
フェルトを使用してイラストを表現する
フェルトを縫い合わせるのにどの糸を使ったらいいか