フェルトを使用してイラストを表現する

フェルトを使用してイラストを表現する

自分のデザインしたイラストを、フェルトで描くことができます。色彩も多彩にあり、妥協することなく、デザインに近づけていくことがでます。裁縫の技術が向上するまでは、簡単な形状やデザインから開始していくこと、挫けることがなくなります。

基本的なことを理解できているかを確認する

まずは、フェルトを扱うのには、技術を身につけることが必要となってきます。年代にも関係してきますが、学校の授業で裁縫の経験をすることになります。しかし、基本的なことはやっても、本格的なことまではやりません。また、時間の経過によって、忘れてしまっていることも考えられます。もう一度、裁縫道具を手にとって、使い方のお復習をしておくと、後々に調べる必要もなく、スムーズに開始することができます。針に糸を通す作業は、苦手な人も多く、イライラしてしまうこともあります。最近では、簡単に針に糸を通す小道具もあり、それらを活用することで、イライラしないままで、作業を進めていくことがでます。

それぞれの小物に連動性を与えていく

基本的なことが理解できたら、実際にフェルトをイラストに合うように、切っていきます。イラストと同じ大きさに切るのではなく、少し大きめに切っていきます。縫い代となる部分として、使用する為ですが、縫い代をあえてなくす方法もあります。完成された作品が、最終的にどうなうかを考えて、仕上がりがしっくりくる技法を選ぶようにします。また、フェルトは立体的に見せることもできるので、完成した作品にストーリー性をもたらすことができます。手作りの小物を並べてみると、そのストーリーを読むことができれば、別の魅力を付属させることができているともいえます。イラストのデザインにも、このストーリー性は、大きな影響を与えることになります。

何をお手本として学んでいくのか

しかし、個人で勉強してコツコツやっていくのが、ちょっと苦手な人もいます。そんな場合には、専門の教室に通うこともできます。参考にすることができる書籍を教えてもらったりできます。また、個人で何度やっても上手くできなかった部分のアドバイスも、受けることができます。その場で教えてもらえるので、しっかりその技術を吸収することができます。他には、動画を見るという方法もあります。無料で見ることができる動画には、プロ顔負けの人が投稿を行っていることがあります。普段では、目にすることができない技や技術を、一時停止や繰り返し見ることができるのは、この時代ならではのことといえます。

まとめ

まずは、基本的なことができるのかを確認しておきます。いきなり難しい物ではなく、簡単なイラストをフェルトで表現していきます。最終的には、ストーリー性を表現できるほどの技術を、身につけられるように奮闘していきます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人気の羊毛フェルトの作り方を知ろう
羊毛フェルトでも作ることができるブローチ
羊毛フェルトでつくるコースター
羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍
羊毛フェルトに興味があるならキットから始めよう
今話題の羊毛フェルトでアクセサリー作り
もこもこ羊毛フェルトアップリケ
羊毛フェルトにアレンジを加えていこう
参加してみたい羊毛フェルトのイベント
オーダーメイドできる羊毛フェルトのぬいぐるみ
フェルトでマスコットを作ってみよう
簡単に作ることができるフェルトボール
フェルトでかわいいぬいぐるみが作れます
フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る
色々なフェルト生地
クールな着こなしへ ~フェルトハット~
フェルトでお守りを作ってみよう
お子さんのおままごと道具をフェルトで作る
フェルトの名札を作って人気者に
フェルトのアップリケで可愛らしいハンドメイドグッズ
便利に使えるアイロンで接着できるフェルト
大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト
フェルトで赤ちゃんのおもちゃを手作り
温かみのあるアルバムにはフェルトを使う
レッスンを受ける意味、フェルト手芸上達の近道
オリジナルのフェルト印刷をやってみること
フェルトを縫い合わせるのにどの糸を使ったらいいか