大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト

大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト

フェルトは羊毛などの獣毛を使用して、それに熱や湿気を加え、圧をかけて縮めて布状にしたもので、帽子やスリッパなどの履物などが作られています。やさしい風合いと扱いやすさが魅力となっていて、これを使って手芸をする人は多くいます。

色も豊富で初心者にも縫いやすい手芸材料

布を使っていろいろな物をつくる手作りは好きでも、あまり手のこんだことは苦手だという人もいるかもしれません。そんな人にも、また、手芸の初心者や初めてのお裁縫を経験する子どもなどにもフェルトはよく利用されているようです。他の布のようにほつれないため、布の端を縫い付けたりすることが必要なく縫いやすい布という認識でいる人も多くいます。初めての手芸で何かを作る際にはまずこのフェルトを使うという人は多いかもしれません。裁断することが楽なので、好きな形に切って、縫い合わせるだけでもちょっとした袋物などができてしまいます。色も豊富なので、見た目も楽しむことができるでしょう。

短い時間で作品を作ることができるうれしさ

ポーチやブックカバー、メガネや鍵をいれておくケースなどフェルトは小物類を制作するのに役立つ手芸材料となっています。初心者はまず小さななものから挑戦するといいかもしれません。きりっぱなしで縫い始めることができるので、小さなものならあまり時間もかからずに完成させることができるでしょう。手作りは、その過程を楽しむことも重要ですが、簡単に自分で作ったものが出来上がるという結果も過程と同じくらい重要です。その点でもこれは手作りの人を充分に満足させることができる材料だということができそうです。そして少し慣れれば、今度はもう少しレベルの高いものに挑戦したいと考える人もいるようです。

バッグなどを作るときに使いたいフェルト

記事のイメージ画像

フェルトの厚さは一般的にはどれも同じくらいです。普通の布よりも厚いと考えておけば良いでしょう。また、その大きさは折り紙くらいのものがいちばん色の数も多いようです。小物類を作るにはこのサイズで充分ですが、少し上達して大きめのものが作りたい場合には大きなサイズもあります。また、バッグなどを作る場合には、通常のものより少し厚めのものを選んだほうが丈夫なものを作ることができます。一般的な厚さのものよりも厚手のフェルトも販売されています。普通のに比べると色の数は少ないようですがきれいな色が多いので、違う色を組み合わせてオリジナルなものも作りやすいかもしれません。厚手のフェルトは針を入れるときにその厚さに戸惑う場合もあるかもしれないので、指に刺さったりしないように少し注意が必要かもしれません。

まとめ

一般的にフェルトはサイズや厚さが同じものが多いようです。小さなものを作る際にはそれで充分ですが、バッグなど少し大きめのものを作るには厚手のフェルトが良いかもしれません。色は少ないようですが、より丈夫なものができるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人気の羊毛フェルトの作り方を知ろう
羊毛フェルトでも作ることができるブローチ
羊毛フェルトでつくるコースター
羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍
羊毛フェルトに興味があるならキットから始めよう
今話題の羊毛フェルトでアクセサリー作り
もこもこ羊毛フェルトアップリケ
羊毛フェルトにアレンジを加えていこう
参加してみたい羊毛フェルトのイベント
オーダーメイドできる羊毛フェルトのぬいぐるみ
フェルトでマスコットを作ってみよう
簡単に作ることができるフェルトボール
フェルトでかわいいぬいぐるみが作れます
フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る
色々なフェルト生地
クールな着こなしへ ~フェルトハット~
フェルトでお守りを作ってみよう
お子さんのおままごと道具をフェルトで作る
フェルトの名札を作って人気者に
フェルトのアップリケで可愛らしいハンドメイドグッズ
便利に使えるアイロンで接着できるフェルト
フェルトで赤ちゃんのおもちゃを手作り
温かみのあるアルバムにはフェルトを使う
レッスンを受ける意味、フェルト手芸上達の近道
オリジナルのフェルト印刷をやってみること
フェルトを使用してイラストを表現する
フェルトを縫い合わせるのにどの糸を使ったらいいか