フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る

フェルトの種類と特徴を生かして実用的なものが手作り出来る

フェルトには独特の風合いや特徴があり、それらを生かした手作りが人気です。保温性には衣類や防音性にはコースターなど実用的なものが手作り出来ます。種類は羊毛などの天然繊維や化学繊維があり、用途に応じて使い分けて取り扱いに注意します。

保温や防音など実用的な特徴を持つ

独特の風合いを持つフェルトは、色々な用途に使えます。製造は羊毛などの天然繊維に熱や圧力などをかけて生地状にされていて、保温や防音などに利用出来る特徴があります。一枚の生地状で色別に販売されているのが一般的で、手作りに多く利用されています。種類は羊毛フェルトやニードルフェルトなどがあり、羊毛フェルトはその名の通り羊毛から出来ていて、水には弱い性質があり洗濯はドライクリーニングで行います。ニードルフェルトは化学繊維から出来ていて、比較的水に強い性質があります。手作りの材料にする際はこれらの性質も利用して選びます。

風合いや特徴を生かすことが出来る

記事のイメージ画像

羊毛フェルトの手作りには天然の風合いを生かしたものが相応しく、生き物を模ったマスコットやぬいぐるみなど人気です。また、保温性が高いことから服やスリッパなども人気です。ニードルフェルトは比較的水に強いことから、防音性の特徴も生かしてコースターやランチョンマットなど人気です。水気のあるものをこぼしても縮むことなく弾く性質もあり、食器の置く音を吸音してくれるので小さなお子様用や音を気にする環境など役立ちます。また、その特徴を生かしたものに筆入れがあり、学校など人が多くいる環境で静かに利用出来るメリットがあります。開閉は静かで例え落としてしまっても大きな音は出ないので、周囲への配慮に優れた筆入れとも言えます。

緩衝性があることも特徴でケースやカバーにも

そして何れのフェルトにも緩衝性があることも特徴で、その点も手作りに利用することが出来ます。壊れやすいものや他と接触すると問題があるものなど、ケースやカバーとして活用出来ます。具体的には装飾品を入れたり楽器を覆うなどです。また、防音性もあることから持ち運びにも適しています。お手入れは何れも使い続ける内に毛羽立つことがあり、そうならない様になるべく刺激を与えない扱いが理想です。しかしながら毛羽立ってしまった場合は、細い針を繰り返し刺すことで整えたりスチームアイロンで押さえたり、それでも目立つようならハサミでカットします。スチームアイロンを使う場合は、複雑な形のものは中に布を丸めたものなどを入れて型崩れしない様にします。

まとめ

フェルトの特徴は保温や防音などの実用性があることで、また、羊毛や化学繊維など独特の風合いも特徴です。それらを生かした手作りには、衣類やランチョンマットなどがあります。また、緩衝性もあることからケースやカバーとしても役立ちます。お手入れや洗濯には注意します。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

人気の羊毛フェルトの作り方を知ろう
羊毛フェルトでも作ることができるブローチ
羊毛フェルトでつくるコースター
羊毛フェルトでつくる素敵な刺繍
羊毛フェルトに興味があるならキットから始めよう
今話題の羊毛フェルトでアクセサリー作り
もこもこ羊毛フェルトアップリケ
羊毛フェルトにアレンジを加えていこう
参加してみたい羊毛フェルトのイベント
オーダーメイドできる羊毛フェルトのぬいぐるみ
フェルトでマスコットを作ってみよう
簡単に作ることができるフェルトボール
フェルトでかわいいぬいぐるみが作れます
色々なフェルト生地
クールな着こなしへ ~フェルトハット~
フェルトでお守りを作ってみよう
お子さんのおままごと道具をフェルトで作る
フェルトの名札を作って人気者に
フェルトのアップリケで可愛らしいハンドメイドグッズ
便利に使えるアイロンで接着できるフェルト
大きめのものに最適な通常のものより厚手のフェルト
フェルトで赤ちゃんのおもちゃを手作り
温かみのあるアルバムにはフェルトを使う
レッスンを受ける意味、フェルト手芸上達の近道
オリジナルのフェルト印刷をやってみること
フェルトを使用してイラストを表現する
フェルトを縫い合わせるのにどの糸を使ったらいいか