発酵食品の保存期間や賞味期限

発酵食品の保存期間や賞味期限

発酵食品は腐敗する?

発酵食品の保存期間や賞味期限

 

 

発酵食品と聞いて、ある意味腐敗した食べ物の事を
イメージする方は少なくないでしょう。

 

 

発酵食品の中には酸っぱい臭いがするものもあり、
その臭いが腐敗を連想させるのかもしれません。

 

 

しかし発酵も腐敗も
化学的な観点から語る場合、同じものです。

 

 

どちらも微生物の働きによる食材の変化のことを指し、
変化した結果人間にとって有用な場合は
発酵、無用な場合は腐敗と呼びます。

 

 

そのため「発酵食品は腐る」という言い方をするより、
「食品として食べられない状態に変質した」
という言い方をする方が良いでしょう。

 

 

発酵食品の保存期間や賞味期限

発酵食品には保存期間や
賞味期限が定められています。

 

 

例えば発酵食品の代表的な存在である
ヨーグルトや納豆の場合は
1週間から10日ほどが賞味期限です。

 

 

発酵食品をおいしくいただくためには、
この保存期間や賞味期限を守る必要があります。

 

 

その理由は発酵食品の
変質が起きる恐れがあるからです。

 

 

発酵食品が「腐敗する」リスクは
それほど高くはありません。

 

 

発酵を担う微生物のおかげで
腐敗をもたらす菌が
侵入・増殖しないようになっているからです。

 

 

しかし、場合によっては
腐敗をもたらす雑菌が侵入することもあります。

 

 

例えば、工場から出荷された発酵食品は
殺菌処理がされているため、
発酵が進まず食品が傷む恐れがあります。

 

 

そのため指定された保存期間や
賞味期限はしっかりと守るように
しましょう。

 

 

保存期間や賞味期限を過ぎた場合、
食品の見た目や風味に変化が生じます。

 

 

例えば、納豆の場合は糸の引きが悪くなったり、
黒っぽくなったり
アンモニア臭が強烈になったりします。

 

 

ヨーグルトの場合は色が変わっていたり
臭いが不快になります。

 

 

少しでも不安や異臭、違和感を感じる場合は
捨ててしまった方が良いでしょう。

 

 

正しい知識を学んで安全に発酵食品を楽しもう

発酵食品は奥深いもので、
目に見えない微生物の働きに依存しているため、
まだまだ分かっていない事があります。

 

 

とはいえ、発酵や腐敗、熟成など、
複雑な微生物の働きを
ある程度理解して自宅で作ることは可能です。

 

 

通信講座で発酵食品のイロハを学べる講座が提供されており、
発酵食品の健康効果や特徴について
初歩から一歩ずつ学習が進められるようになっています。

 

 

発酵食品に詳しくなれる通信講座の一つは、
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

 

 

この講座は初心者でもプロの知識を学べるように
カリキュラムが組まれていて、
最終的に発酵食品に関する資格を
2つ同時に取得できる事が大きな特徴です。

 

 

学習サポート体制も優れていて、
気軽に楽しく発酵食品に触れられるでしょう。

 

 

より詳しい情報は公式サイトを
参照してみてください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座