発酵と腐敗の違い

発酵と腐敗の違い

発酵食品が注目される理由

発酵と腐敗の違い

 

 

日本人は発酵食品が大好きで、
納豆やキムチ、醤油、みそ、ぬか漬け、ヨーグルト、チーズなど
発酵した食品をほぼ毎日のように口にしています。

 

 

発酵食品は健康効果や美容効果が認められています。

 

 

例えば大豆に含まれる
大豆イソフラボンが悪玉コレステロールを減少させたり、
血圧を低くしたりすると言われています。

 

 

また腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えたり、
含有されるビタミンCやポリフェノールなどの
抗酸化物質が体内の活性酸素を除去して
美肌づくりに役立ったりします。

 

 

このように発酵食品は
体の健康を維持するのに良い多くの作用があるため、
積極的に摂取する必要があります。

 

 

ちなみに食べ物全体には
様々な栄養素が含まれていますが、
発酵食品の良いところは
栄養素の吸収が容易だということです。

 

 

発酵の過程で食品が分解されているため、
他の食品と比較して即効性があります。

 

 

発酵と腐敗は同じ?

発酵食品の中には酸味が特徴的な食べ物があります。

 

 

そのため発酵することと
腐敗する事は同じ事だと考える方が
いらっしゃるかもしれません。

 

 

実はどちらも微生物の働きによって
生じる現象という点では
共通しています。

 

 


ただし「口にするもの」という観点から見ると、
発酵食品と腐敗食品には違いがあります。

 

 

発酵とは基本的に、
微生物の活動の結果人間にとって
有用なものが生まれる過程を指します。

 

 

一方腐敗は、微生物が最終的に生み出したものが
人間にとって無用、ないしは
有害なものである過程の事です。

 

 

例えば放置されたパンにカビが生えたり、
時間がかなり経った牛乳が
すっぱくなったりする場合、
それは腐敗と呼ばれます。

 

 

人間にとって不快な食品になってしまうからです。

 

 

一方、乳酸菌が生乳をヨーグルトに変えたり、
納豆菌が大豆を納豆に変えたりする場合は
発酵と呼ばれます。

 

 

こちらは人間にとって
美味しく健康に良いものになるからです。

 

ただし微生物側から見た場合、
発酵と腐敗には違いがありません。

 

 

どちらも単に菌たちの活動の結果として生じる現象です。

 

 


つまり発酵と腐敗とは、食品を口にする
人間の観点からは違うものであり、
微生物レベルでは同じものと言えるでしょう。

 

 

発酵食品について詳しくなろう

発酵食品は非常に奥が深いものです。

 

 

その種類は様々にあり、期待される
健康効果や美容効果も数多くあります。

 

 

発酵食品についてもっと詳しくなることで、
健康ライフを実現しやすくなるでしょう。

 

 

発酵食品について基礎的・実践的な知識を学びたい方には、
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座
の受講をオススメします。

 

 

この講座は初心者に対応した通信講座で、
どなたでも自宅で気軽に
発酵食品のイロハを学んでいただける講座です。

 

 

スタッフによる学習サポートがつくため、
つまづかずに学習が進められる他、
受講者には2つの発酵食品資格を
取得する機会も与えられます。

 

 

取得できる資格は
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
「発酵食品マイスター」と
日本インストラクター協会(JIA)主催の
「発酵食健康アドバイザー」です。

 

 

これらの資格を取得することで、
発酵食品の講師として副業を行う
目標も持てるでしょう。

 

 

講座についての詳細は公式サイト
を参照してください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座