発酵食品を家庭で安全に作る方法

発酵食品を家庭で安全に作る方法

発酵食品を家庭でも作ってみよう

発酵食品を家庭で安全に作る方法

 

 

発酵食品は最近その健康効果や
美容効果が注目されていて、
多くの方が食生活に
取り入れるようになっています。

 

 

発酵食品としては、納豆や漬けもの、
お酒、ヨーグルト、キムチ、味噌、醤油などが有名です。

 

 

これらの商品はスーパーで大量に販売されています。

 

 

しかし、発酵食品を日常的に食べる場合、
家庭で作る方が節約になる場合があります。

 

 

発酵食品全てが簡単に
作ることができるわけではないものの、
比較的容易に製造できるものもあります。

 

 

家庭で作る事で節約になる他、
発酵食品の魅力をより身近に
感じられるようにもなるでしょう。

 

 

さらに既製品の中には加熱殺菌の工程で
微生物がすでに死んでしまっているものもあるため、
活発な微生物を腸に取り入れたい方は
家庭で作る方が良いでしょう。

 

 

家庭で作る場合は安全面に
気をつける必要もあります。

 

 

安全に作るには、
どのようにしたら良いのか、
いくつかのポイントをご紹介します。

 

 

発酵食品を家庭で安全に作る方法:ヨーグルトの場合

ヨーグルトを作る際は
衛生的な容器や道具が必要です。

 

 

これを怠ると、上手にヨーグルトが作れない上に、
腐敗を招く恐れ、食中毒を起こす恐れすらあります。

 

 

そのため、面倒でも消毒工程は
忘れないようにしましょう。

 

 

具体的には、ヨーグルトを入れる容器(蓋も含む)、
スプーンなどを熱湯消毒して乾かします。

 

 

原料となる牛乳も殺菌してください。

 

 

65度まで加熱してから
冷却して使う様にしてください。

 

 

また容器に入れた後に蓋をしますが、
発酵中にむやみに出来を確かめようとして
蓋を開けてしまうと
雑菌が混入する恐れがあります。

 

 

それを防ぐため、
閉めたままにするようにしてください。

 

 

作ったヨーグルトは
早めに食べるようにしましょう(3日ほどが目安)。

 

 

ちなみにヨーグルトメーカーを使う場合、
安定した温度で発酵を行う事ができるため、
雑菌の繁殖の心配はさほどなく、
より安全性が高まります。

 

 

発酵食品を家庭で安全に作る方法:納豆の場合

大豆、小豆などを水に1日ほどつけてふやかし、
市販のパックに入っている納豆と
ふやかした大豆を混ぜておけば
自然と納豆が出来上がります。

 

 

売っている納豆を買ってきて、
コスパの良い大豆を入れて
納豆をかさ増しできるので、
節約にもなり、基本的に最初混ぜれば
あとは放置で良いため手間もかかりません。

 

 

納豆に関しては味を維持したり、
風味を維持したりするのが難しいですが、
環境と条件さえ整えば、難しい手順を踏まなくとも
そこその納豆らしい納豆が作れます。

 

 

豆の中まで発酵を進めるには、
発酵時間を伸ばすしかないため、
衛生的な環境で発酵を行わせれば
失敗することはほぼないでしょう。