コンタミさせないために出来る工夫

コンタミさせないために出来る工夫

コンタミとは?

コンタミさせないために出来る工夫

 

 

発酵食品を作る時には、
「コンタミ」に気をつける必要があります。

 

 

コンタミとは「コンタミネーション」の事で、
日本語では「汚染」を意味します。

 

 

汚染と言っても目に見えて食材が汚くなる
という意味ではありません。

 

 

ミクロレベルの汚染の話で、
雑菌によって原料が悪化する事を意味します。

 

 

コンタミの原因は清潔な環境で
発酵食品が作られない事です。

 

 

ここで言う清潔な環境とは、
雑菌が繁殖しないレベルのきれいな環境のことです。

 

 

雑菌は容器や手など至るところに存在します。

 

 

そのため一見清潔な環境下で作業しているようでも、
実際にはコンタミが起きる状況にある場合があります。

 

 

コンタミさせないために出来る工夫

微生物の中には納豆菌の様に熱に強い菌もありますが、
多くの菌は熱に弱いです。

 

 

そのため熱湯を使って殺菌消毒することで
コンタミ予防が可能です。

 

 

例えば作業に必要な容器や保存のための容器、
スプーンや温度計、ロートなどの器具は
全て熱湯で煮沸すると確実です。

 

 

手は熱湯消毒できないため、
洗剤でしっかり手を洗う事が大事です。
また原料も当然殺菌しましょう。

 

 

例えばヨーグルトを作る場合は
牛乳を65度に加熱して殺菌します。

 

 

電子レンジを使って殺菌する方法もあります。
この場合はまず器具や容器を軽く洗います。

 

 

容器に水を1cmから2cmほど入れてスプーンを入れ、
蓋をしてから電子レンジにかけます。

 

 

500W~600Wで1分から2分加熱してください。

 

 

正しい発酵食品の製造方法を学ぼう

発酵食品は健康効果や
美容効果の注目される魅力的な食品です。

 

 

とはいえ適当に作る場合は腐敗を招いて、
逆に健康を害する恐れもあります。

 

 

そのため安全面に関する
正しい知識を取り入れる必要があります。

 

 

家庭で気軽に発酵食品を作るために
役立つ通信講座を一つご紹介します。

 

 

それは諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

 

 

この講座は自宅で発酵商品の
基礎・プロ知識を学ぶことのできる講座です。

 

 

初心者でもつまずくことなくカリキュラムを終えて、
最終的に2つの発酵食品資格も
同時取得できるレベルになります。

 

 

取得できる資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター
と日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー
という資格です。

 

 

これらの資格は発酵食品の種類や歴史、
製造方法や健康効果などについて
一定以上のレベルの知識を有している方に
認定されるものです。

 

 

有資格者は発酵食品の講師として
他の方にアドバイスを与える立場に立つことができるため、
副業としてこれらの資格を活かす方法があります。

 

 

自宅やカルチャースクールで発酵食品の魅力を伝える事で、
副収入を期待できます。

 

 

講座のカリキュラムや受講料など
詳しい内容については、
公式サイトを参照してください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座