諒設計アーキテクトラーニング【発酵食品資格】W資格取得講座

【発酵食品資格】W資格取得講座

「発酵食品マイスターW資格取得講座」とは?

諒設計アーキテクトラーニング【発酵食品資格】W資格取得講座

 

 

今の日本は健康ブームで、
多くの方が普段の食生活に
発酵食品を積極的に取り入れるようになっています。

 

 

発酵食品は食材の味を美味にするだけでなく、
消化吸収を良くする効果や、
保存性を高める効果が期待できます。

 

 

また納豆のポリグルタミン酸の保湿効果や、
ビタミンB群の代謝作用、乳酸菌の腸内環境正常化作用、
便秘解消作用など、うれしい健康・美容効果も
指摘されています。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」は、
魅力が多い発酵食品のイロハをしっかり学習できる講座です。

 

 

発酵食品の種類や歴史はもちろん、
製造方法や健康効果、利用方法など
幅広いノウハウを習得することが可能です。

 

 

その上発酵食品に関連する2つの資格を
同時取得できるカリキュラムになっているため、
発酵商品のプロになりたい方には注目です。

 

 

取得できる資格と活かし方

この講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」と
日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー
という2つの資格に対応しています。

 

 

これらの資格は発酵食品の
知識全般をカバーしている方に認定されるもので、
有資格者は自宅やカルチャースクールで
講師活動を行うレベルにあると認められます。

 

 

そのため副業として発酵食品を使った料理教室や
セミナーを行う事を目標にできます。

 

 

健康ブームの影響もあるため、
発酵食品レシピは健康ライフに
関心がある方の興味を引けるでしょう。

 

 

仮に生徒が5人集まった場合、
1人1回1,000円から1,500円の授業料をいただくと、
合計で5,000円から7,500円の収入となります。

 

 

週1回の授業の場合は月ベースで20,000円から
30,000円の収入です。

 

 

生徒の確保には料理の腕が欠かせないとはいえ、
講座で学習する発酵食品の知識をもとに、
工夫したレシピを考えるスキルも身につくでしょう。

 

 

通常講座とスペシャル講座

諒設計アーキテクトラーニングの講座は
通常講座とスペシャル講座に分かれています。

 

 

通常講座の受講料は税込59,800円で、
スペシャル講座は税込79,800円です。

 

 

通常講座の場合は、
卒業後に在宅受験を受けて
上記の2資格の取得が可能になります。

 

 

一方、スペシャル講座は卒業課題の提出によって
試験が免除になるため、
卒業と同時に2資格を同時取得できます。

 

 

どちらの講座の場合も
集中して学習する必要があるものの、
よりスムーズに取得したい方はスペシャル講座がオススメです。

 

 

なおこの講座は初心者に対応した内容になっている他、
スタッフによる学習サポート体制も充実しているため、
どなたでも努力すれば最後まで受講可能です。

 

 

より詳しい内容については、
公式サイトを参照なさってください。

 

 

なおカリキュラム内容は以下の通りです。

 

 

発酵食品の基礎知識/発酵とは/発酵と腐敗/主な発酵の種類/発酵食品のはじまり/主な発酵食品/その他の発酵食品/発酵食品の魅力/発酵食品と歴史/発酵食品と微生物/発酵に関わる微生物/乳酸菌/酢酸菌/納豆菌/酪酸菌/酵母菌/麹菌(米麹・麦麹・豆麹)/カビ(その他のカビ)/発酵の種類/発酵食品における主な発酵/乳酸発酵/アルコール発酵/酢酸発酵/麹菌の酵素による糖化発酵/発酵食品と酵素/自己消化やその他微生物以外による発酵/発酵を抑えるための要素/日本の発酵食品/主な日本の発酵食品/醤油/醤油の種類/醤油の歴史/醤油の製造方法/醤油の効果/味噌/味噌の種類/味噌の歴史/味噌の製造方法/味噌の効果/納豆/納豆の歴史と種類/納豆の効果/甘酒/甘酒の歴史/甘酒の製造方法/甘酒の効果/塩麹と醤油麹/塩麹の製造方法と効果/ぬか漬け/ぬか床の手入れ方法/ぬか漬けの効果/キムチ/酢/酢の効果と職以外の酢の利用/種類と発酵/酒粕/酒粕の効果/かつお節、魚醤/自家製発酵食品と世界の発酵食品/自家製発酵食品の注意点/世界の発酵食品/ヨーグルト/チーズ/発酵食品を効率的に摂るためには

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座