発酵食品マイスター資格(JSFCA)

発酵食品マイスター資格(JSFCA)

「発酵食品マイスター資格」とは?

発酵食品マイスター資格(JSFCA)

 

 

発酵食品マイスター資格」とは、
日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している発酵食品の資格です。

 

 

この資格は発酵食品に関する幅広いノウハウを
対象とした資格であり、有資格者は
発酵の基本や発酵食品の利用に関して
深い知識があるとみなされます。

 

 

具体的には、麹や菌の働き、味噌やチーズやヨーグルトや
キムチなどの発酵食品に関する知識、発酵食品の健康・美容効果など、
生活に役立つ知識が取り上げられます。

 

 

これらの知識によって、発酵食品を
より身近なものに感じる事ができる上に、
知識を活かして飲食関係の仕事で活躍したり
講師活動を行うという目標も立てられるでしょう。

 

 

資格試験の概要

本資格を取得する方法は2つあります。
まずは試験に合格することです。
資格試験は2カ月に1回開催されています
(公式サイトの試験カレンダーを参照)。

 

 

試験日に合わせて発酵食品について学習し、
70%以上の評価を獲得することで取得できます。

 

 

試験は特定の試験会場ではなく在宅受験となるため、
忙しい方や試験が苦手という方でも
比較的気軽に挑戦出来て便利です。

 

 

試験料は税込10,000円となります。

 

 

資格取得をする別の方法は、
認定講座の上位コースを受講する事です。

 

 

認定講座の一例として
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座
を活用した取得方法を説明いたします。

 

この講座にはスペシャル講座という
上位コースが用意されています。

 

 

スペシャル講座を受講する場合、
卒業時に卒業課題を提出します。

 

 

この課題をもって試験の代わりとしてもらえるため、
試験免除で資格取得が達成できます。

 

 

もう一つの通常講座の場合は、
卒業後に自身で資格試験を受けなければいけません。

 

 

そのためスペシャル講座を用いる場合は
よりスムーズに合格できるでしょう。

 

 

資格の学習期間と活かし方

資格の学習期間には個人差があります。

 

 

諒設計の認定講座を利用する場合は、
最短2カ月から6カ月ほどの学習期間となるでしょう。

 

 

1日30分ほど学習に当てる場合は約6カ月、
1時間あてる場合は3カ月ほどが目安です。

 

 

有資格者は発酵食品に関連する会社に就職する際に、
資格を履歴書に記載して
アピールポイントとする事ができます。

 

 

発酵食品の種類は豊富なため、
対象となる会社は非常に多いです。

 

 

別の活かし方は講師活動です。

 

 

料理が大好きな方の場合は、
発酵食品に関する知識をレクチャーしつつ、
実際に料理をつくる教室を開催する事もできるでしょう。

 

 

料理教室の値段設定によっては大きな収入となります。

 

 

例えば1週間に1回の授業で、
1人あたり2,000円の授業料の場合、
生徒5人で週に10,000円、月に40,000円の収入です。

 

 

生徒を集めるために
最初は宣伝活動もしなければいけませんが、
料理の知識やスキルを上げ続ける事で、
いずれ口コミで教室の評判をあげられるでしょう。

 

 

発酵食品マイスター資格