発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

「発酵食健康アドバイザー資格」はどんな資格?

発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

 

 

「発酵食健康アドバイザー資格」は
日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する
発酵食品の資格です。

 

 

発酵食品は最近、その健康・美容効果が
大きく注目されている食品です。

 

 

この資格は発酵食品や発酵食品を使用した
料理に関する知識を問う資格で、
微生物の働きや人体への有益性
(腸内環境正常化や代謝アップ作用など)、
発酵食の作り方、発酵食品を
生活に取り入れる方法など、
幅広い知識を有している方に認定されます。

 

 

資格を持つことで発酵食のアドバイザーとなって、
他の方にその知識を教授することができます。

 

 

そのため、自宅やカルチャースクールで講師活動をするなど、
副業を目指す事も可能です。

 

 

どのように取得できる?

本資格は公式サイトから申込をして
在宅受験を受け(受験料は税込10,000円)、
見事合格する事で取得できます。

 

 

しかし独学で試験を受ける場合は、
なかなか効率的な学習をすることが難しいでしょう。

 

 

そのためスムーズに取得するためには、
認定講座を受講する事をオススメします。

 

 

認定講座の一つは、諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

 

 

この講座を活用する場合は、
最短で2カ月という早さで資格取得が可能です。

 

 

「発酵食品の事を何も知らない」という
初心者の方でも問題ありません。

 

 

テキストはその道のプロが手がけていて、
分かりやすい内容になっています。

 

 

また無制限で質疑応答ができる
サポート体制が敷かれているため、
挫折することなく最後まで学習が進みます。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの講座を活用して
資格取得をするメリットがもう一つあります。

 

 

それはスペシャル講座
(上位コース。下位コースは通常講座)を受講する場合、
試験免除で資格が取得できることです。

 

 

カリキュラムを修了して最後に
卒業課題を提出することで試験が免除されます。

 

 

この場合試験日を確認したり、
別途試験の申し込みをする必要がないためスムーズです。

 

 

講座の詳細については
公式サイトにカリキュラムや受講料が
記載されているため、そちらを参照してください。

 

 

発酵食健康アドバイザー資格を活かす方法

和食が世界無形文化遺産に認定されて以来、
健康的な和食に対する関心は深まっています。

 

 

外国人のみならず、日本人であっても
和食の価値を見直す機会が
増えていると言えるでしょう。

 

 

和食の土台となっているものは発酵食品です。

 

 

日本は昔から味噌や醤油などの
発酵食品を大事にする食文化を
作り上げてきました。

 

 

そのため健康的な食生活に関心がある方は
発酵食品に大きな興味を持っていると言えます。

 

 

そうした方々を対象にして
発酵食品を用いた料理教室を開催する事は、
資格を活かす良い方法の一つです。

 

 

発酵食品だけでなく料理全般が得意な方は、
有料で料理教室を開く事で
収入アップを目指せるでしょう。

 

 

例えば、月謝5,000円で月に4回授業をする場合、
生徒5人で月に25,000円の収入です。

 

 

最初は生徒数の確保のために努力する必要があるものの、
口コミで料理の質や健康効果について良い評価が広まるうちに、
安定した料理教室を開催できるようになるでしょう。

 

 

発酵食健康アドバイザー資格