資格取得のための事前知識や豆知識

資格取得のための事前知識や豆知識

オススメの発酵食品資格

資格取得のための事前知識や豆知識

 

 

発酵食品に関する資格はいくつかありますが、
オススメの講座を2つだけあげます。

 

 

それは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」と、
日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー」です。

 

 

これらの資格は短期間で取得できることと、
試験免除で取得できるという
大きなメリットのある資格です。

 

 

また有資格者は資格を履歴書に記載する事ができる他、
発酵食品について他の方に
教える立場にあることが証明されます。

 

 

それぞれのメリットと取得方法について説明いたします。

 

 

短期間で取得できる

これら2つの資格は通信講座の利用によって
最短2カ月で取得可能です。

 

 

認定講座である諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」を受講する場合、
プロの監修したテキストを使って体系的な学習ができるため、
無駄な学習をせずにスムーズに
発酵食品のイロハに通じる事ができます。

 

 

初心者の方も安心です。

 

 

カリキュラムの内容は初心者でも
つまづくことなく理解できる上に、
分からない事はいつでも
専門スタッフに質問することが可能です。

 

 

早く取得したい方は
この認定講座を活用する事をオススメします。

 

 

可能な場合は、学習カリキュラムとは別に
独学で発酵食品の知識を増す事によっても、
より早い資格取得を達成できるでしょう。

 

 

試験免除で取得可能

「発酵食品マイスター資格」も
「発酵食健康アドバイザー資格」も
諒設計の講座を受講する事で
試験免除で取得可能です
(「スペシャル講座」受講の場合。通常講座の場合は試験あり)。

 

 

受講しない場合は独学で受験をして
合格しなければいけません。

 

 

しかしスペシャル講座を受講する場合、
卒業時に卒業課題を提出します。

 

 

この課題が試験代わりとなるため、
わざわざ試験を受ける必要がなくなります。

 

 

スペシャル講座は受講料が税込79,800円ですが、
この料金の中に資格取得費用が含まれています。

 

 

そのため追加料金を払う必要もありません。

 

 

有資格者は資格を仕事に活かせる!

発酵食品を扱う会社に就職したい方は、
資格を履歴書に記載する事でアピールポイント
とすることが可能です。

 

 

発酵食品が単に好きだというだけでなく、
その知識に通じている事が明らかになるため、
就職活動を有利にできるでしょう。

 

 

また料理が好きな方は、発酵食品の知識を活かして
料理教室を行う副業もできます。

 

 

味噌や醤油、漬けもの、キムチ、
ヨーグルト、チーズ、ワイン、日本酒など、
発酵食品には様々な種類があります。

 

 

これらの食材を活かした料理を学ぶ機会を設ける事で、
食生活をもっと健康的なものにしたい方の
ニーズに応えられるでしょう。

 

 

最初授業料を1,000円から1,500円ほどの
低料金に設定するなど工夫する事で、
少しずつ生徒数の確保につなげることが出来ます。

 

 

昨今の健康ブームを利用して
今発酵食品について学んでおくことは、
仕事面においても
自身の健康面においても役立つでしょう。