発酵食品資格の難易度はどれくらい?

発酵食品資格の難易度はどれくらい?

発酵食品資格を今のうちに取得しておこう

発酵食品資格の難易度はどれくらい?

 

 

発酵食品に関連した資格としては、
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」や
日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー」などが有名です。

 

 

これらの資格は
履歴書に記載できる民間資格で、
有資格者は発酵食品のプロとして活躍することが
可能となります。

 

 

今は健康ブームが起きていて、
多くのテレビ番組や広告が
健康食品を扱っています。

 

 

発酵食品は昔から日本で親しまれてきている上に、
その優れた健康作用が報告されているため、
今後ますます注目を浴びる食品と
言えるでしょう。

 

 

今発酵食品の知識を習得しておくことで、
将来その知識を活かした副業が
できるかもしれません。

 

 

例えば発酵食品関連の製品を販売する会社で働いたり、
発酵食品を使った料理教室を開いたりと、
様々な活用法があります。

 

 

発酵食品資格は難しい?

しかし、発酵食品の資格は、
何の勉強も無しに取得できるものではありません。

 

 

発酵をもたらす菌やその働き、
特徴について
様々な知識を集中して学ぶ必要があります。

 

 

先述の2つの資格に関しては、
発酵の基本的な知識だけでなく、
製造方法や健康効果、利用方法なども
一通り学ばなければいけません。

 

 

とはいえ資格取得は決して難しすぎる事はありません。

 

 

初心者でも2カ月から6カ月ほど
体系的に学習して取得することができます。

 

 

特に資格対応講座を活用する事で、
より無駄のない学習ができます。

 

 

資格対応講座の概要

対応講座の一例をご紹介します。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座
という通信講座です。

 

 

この講座は
「発酵食品マイスター」と
「発酵食健康アドバイザー」の
両資格に完全に対応しています。

 

 

発酵の基礎から学び始めて、
最終的に両資格を取得できるレベルにまで
造詣を深めることができます。

 

 

この講座の特徴は
初心者にも優しいカリキュラムになっていることです。

 

 

テキストはその道のプロが手掛けたものを使い、
受講生一人一人に専門スタッフがついて
学習サポートをします。

 

 

学習中に何か分からない事が出てきても、
その都度スタッフに質問できるため、
疑問点の残らない学習が可能です。

 

 

通信講座はサポート面で不安だという方も
少なくないと思いますが、
諒設計のサポート体制では
納得いくまで学習をしていけるため
安心です。

 

 

まずは公式サイトから資料請求をして、
講座内容や受講料などの詳細を
確認してください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座