発酵食品資格取得にかかる料金と学習期間

発酵食品資格取得にかかる料金と学習期間

発酵食品資格のオススメを教えて!

発酵食品資格取得にかかる料金と学習期間

 

 

発酵食品は現在とても注目されている食品の一つです。

 

 

微生物の働きを利用した発酵食品は、
単に素材の味に変化を起こして
美味しい食品を作るだけでなく、
健康効果や美肌効果も期待できる優れた食品です。

 

 

そのため発酵食品に興味を持って
自宅でも作っている方は少なくありません。

 

 

発酵食品について
知識を習得し資格を取得すると、
自分や家族の健康を
向上させる事ができます。

 

 

また昨今の健康ブームを利用して、
発酵食品のノウハウを教える講師活動をしたり、
発酵食品中心の料理教室を開催するといった
目標も立てることができます。

 

 

そうした活動を副業として行うことで
副収入を得ることも可能です。

 

 

発酵食品資格を取得したい場合は、
日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」や、
日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー」などの
資格を目指すと良いでしょう。

 

 

これらの資格は履歴書に書ける資格であり、
有資格者を発酵食品のプロとして認定するものです。

 

 

資格取得にかかる金額はどれくらい?

紹介している2つの資格は、
資格試験に合格することで取得可能です。

 

 

資格試験の費用はどちらも税込10,000円です。

 

 

2つの資格を一発で取得する場合、
合計費用は20,000円となります。

 

 

ただし不合格の場合は
再試験時に再び10,000円かかることになります。

 

 

試験にスムーズに合格するためには
独学よりも資格対応講座を受講する方が効率的です。

 

 

ただしこの場合、試験費用に加えて
受講費用がプラスアルファでかかります。

 

 

例えば対応講座の一つに
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座
がありますが、「通常講座」を受講する場合は
受講料税込59,800円がプラスされます。

 

 

つまり受講費用+2つの資格試験費用で税込79,800円です。

 


しかし「スペシャル講座」を受講する場合、
卒業課題を提出する事で試験が免除になるため、
受講料のみで資格取得が達成できます。

 

 

スペシャル講座の費用は税込79,800円です。

 

 

最初から2つの資格を取得するつもりでいる方は、
スペシャル講座を選択する方が
費用を抑えられてお得です。

 

 

学習期間はどれくらい?

学習期間は、資格対応講座を利用する場合
最短2カ月から6カ月ほどかかります。

 

 

学習にあてる時間によって
合格までの期間は変わってくるでしょう。

 

 

目安としては、
1日30分ほどコンスタントに学習する事で
約6カ月ほどで取得できます。

 

 

もう少し時間を費やせる方は、その分取得までの時間も短くなります。

 

 

なお紹介した2資格は2カ月に1回試験を開催しています。

 

 

諒設計の通常講座を受講する方は、
試験日をカレンダーで確認して
学習計画を立てることで
取得までの時間を短縮できるでしょう。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座