発酵食品資格で学べる内容とカリキュラム

発酵食品資格で学べる内容とカリキュラム

発酵食品資格の種類

発酵食品資格で学べる内容とカリキュラム

 

 

発酵食品に関する資格は様々ありますが、
比較的取得しやすい資格を2つ紹介します。

 

 

一つは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」です。

 

 

この資格は代表的な発酵食品の特徴や、
発酵過程の微生物の働き、
発酵食品の美容・健康効果などについて
幅広い知識を持つ方に認定される資格です。

 

 

もう一つの資格は日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー」です。

 

 

当資格は、

 

 

発酵食品を使った料理に関する知識、発酵の種類、
自家製発酵食の作り方、発酵食品を普段の生活に取り入れる工夫
などについてノウハウがある方に認定されます。

 

 

どちらの資格も履歴書に書ける民間資格であり、
有資格者は他の方に発酵食品のイロハを
教える事ができる立場にいると証明されます。

 

 

資格取得方法は?

上記の資格は資格試験に合格するか、
認定された資格対応講座を受講する事で取得可能です。

 

 

対応講座の一つは諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

 

この講座は
通常講座とスペシャル講座の2つのコースに分かれていて、
通常講座は卒業後に試験に合格することで
、スペシャル講座は試験免除の代わりに
卒業課題を提出する事で紹介した
2つの資格が同時取得可能です。

 

 

しっかり集中して学ぶ必要がありますが、
自宅でマイペースに学習を進められるため、
忙しい方にも余裕を持って学んでいただけます。

 

 

学べるカリキュラム

諒設計アーキテクトラーニングの講座では、
発酵食品の基本からプロの知識に至るまで、
発酵や発酵食品のイロハを学ぶ事が可能です。

 

 

プロの知識といっても心配はいりません。

 

 

講座は発酵食品について
まだあまり知らないという方にも
十分に理解できるように
テキストが組まれています。

 

 

仮に分からない事がある場合でも、
専門のスタッフによる質疑応答無制限での
学習サポートがつくため安心です。

 

 

その都度質問をして回答してもらう事で、
疑問点を解消しながら
先に進む事ができます。

 

 

カリキュラムの学習内容は以下の通りです。

 

発酵食品の基礎知識/発酵とは/発酵と腐敗/主な発酵の種類/発酵食品のはじまり/主な発酵食品/その他の発酵食品/発酵食品の魅力/発酵食品と歴史/発酵食品と微生物/発酵に関わる微生物/乳酸菌/酢酸菌/納豆菌/酪酸菌/酵母菌/麹菌(米麹・麦麹・豆麹)/カビ(その他のカビ)/発酵の種類/発酵食品における主な発酵/乳酸発酵/アルコール発酵/酢酸発酵/麹菌の酵素による糖化発酵/発酵食品と酵素/自己消化やその他微生物以外による発酵/発酵を抑えるための要素/日本の発酵食品/主な日本の発酵食品/醤油/醤油の種類/醤油の歴史/醤油の製造方法/醤油の効果/味噌/味噌の種類/味噌の歴史/味噌の製造方法/味噌の効果/納豆/納豆の歴史と種類/納豆の効果/甘酒/甘酒の歴史/甘酒の製造方法/甘酒の効果/塩麹と醤油麹/塩麹の製造方法と効果/ぬか漬け/ぬか床の手入れ方法/ぬか漬けの効果/キムチ/酢/酢の効果と職以外の酢の利用/種類と発酵/酒粕/酒粕の効果/かつお節、魚醤/自家製発酵食品と世界の発酵食品/自家製発酵食品の注意点/世界の発酵食品/ヨーグルト/チーズ/発酵食品を効率的に摂るためには

 

 

この内容リストを見ると分かるように、
講座では発酵食品についてかなり幅広く学習可能です。

 

 

なかなか自分で
発酵食品を作る事が難しい場合もありますが、
自宅で簡単にできる食品もあります。

 

 

講座では製造方法について学べるため、
より実践的に発酵食品の魅力に
触れる事ができます。

 

 

まずは資料請求をして、
講座の詳細を確認してください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座