発酵食品資格を取得してできること

発酵食品資格を取得してできること

講師として働ける

発酵食品資格を取得してできること

 

 

発酵食品に関連した資格を取得した場合、
様々な形で仕事に活かすことができます。

 

 

例えば発酵食品の先生として
講師活動をする方法があります。

 

 

自宅やカルチャースクールで講師として
発酵食品の魅力について教えることで、
副収入を得る事ができるでしょう。

 

 

例えば生徒一人あたり
1回の受講料で1,000円取った場合、
生徒が5人で5,000円、10人で10,000円になります。

 

 

週に1回授業を行う場合は
全部で20,000円から40,000円の
収入にもなります。

 

 

発酵食品に特化して
授業を行うことも可能ですが、
そのほかの要素と組み合わせて授業を行うと
さらに生徒数の確保につながります。

 

 

例えば通常の料理教室を開催して、
その中の一部として発酵食品を使った料理を披露する場合、
幅広く生徒のニーズに応えられるでしょう。

 

 

飲食関係の仕事で役立つ

発酵食品資格の中には
履歴書に記載できる資格があります。

 

 

その資格を掲げて
飲食関係の仕事に就職する際の
アピールポイントとする事もできます。

 

 

ヨーグルトやキムチ、漬けもの、味噌、しょうゆなど
発酵食品を扱う会社は日本に数多くあります。

 

 

それらの会社で発酵食品関連の仕事をする事で、
より一層発酵食品の造詣を深められるでしょう。

 

 

発酵食品のお店を開ける

発酵食品に関する知識やスキルが十分身についた方は、
発酵食品を使ったお店を開く事を
視野に入れても良いでしょう。

 

 

今の日本は健康食ブームのため、
発酵食品に興味を持つ方が
大勢いらっしゃいます。

 

 

この流れを活用して、
例えば味噌汁バーをオープンしたり、
ヨーグルトを使ったスイーツを提供したり、
キムチやぬか漬けなどの漬けもの系のカフェを開いたりと、

 

メインの素材を発酵食品にした
お店を始めるという目標を立てられます。

 

 

オススメの発酵食品資格は?

発酵食品に関連し資格はいくつもありますが、
オススメは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
発酵食品マイスター」と
日本インストラクター協会(JIA)主催の
発酵食健康アドバイザー」です。

 

 

これらの資格は通信講座を利用して、
在宅受験か卒業課題の提出によって
取得可能です。

 

 

普段忙しくてあまり時間が取れないという方にも
取得しやすいものとなっています。

 

 

発酵食品の初心者でも
つまずくことなく
最後まで学習していただける
カリキュラムが組まれており、
有資格者は発酵食品のプロとして
認定されます。

 

 

資格の詳細や、
対応講座である諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」の
詳細に関しては、
それぞれ公式サイトを
ご確認ください。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座