発酵食品資格で食品関係の仕事に有利になる?

発酵食品資格で食品関係の仕事に有利になる?

発酵食品は今話題の食品

発酵食品資格で食品関係の仕事に有利になる?

健康に良い食品として
現在大きく注目されているのは
発酵食品です。

 

 

実際「菌活」という言葉が最近流行っています。

 

 

菌活とは、
微生物を利用して作る発酵食品を積極的に摂取すること
を指します。

 

 

発酵食品は腸内環境の改善や免疫力の向上、
消化吸収のサポート、骨の強化、抗ガン作用、
高血圧予防、血糖値上昇の抑制など
様々な健康作用があるため、
日常的に食べると良いとされています。

 

 

日本では昔から、味噌や醤油、漬けものなどの
発酵食品が食されてきました。

 

 

最近ではヨーグルトやキムチなど
海外から来た発酵食品も人気になっています。

 

 

発酵食品の資格を取得して仕事に活かそう

発酵食品の健康・美容効果が明らかになるにつれ、
今後ますます発酵食品の需要が高まると予想されます。

 

 

そのため発酵食品関連の資格を取得することは、
飲食業界で働く際の大きな助けになるでしょう。

 

 

例えば発酵食品を扱う会社に就職する際に便利です。

 

 

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の
「発酵食品マイスター」や
日本インストラクター協会(JIA)主催の
「発酵食健康アドバイザー」
といった発酵食品資格は、
履歴書に記載する事が可能です。

 

 

そのため就活をする時のアピールポイントとして
これらの資格を掲げることで、
有利に事を運べる可能性があります。

 

 

発酵食品資格は
発酵食品について教える
講師活動をする場合にも有利です。

 

 

例えば資格を活かして
発酵食品を使った料理教室を開催したり、
発酵食品を実際に仕込む授業も可能です。

 

 

1授業1,000円から1,500円ほどの
授業料を取る事で、
副収入を得る事が出来ます。

 

 

時間的・金銭的余裕がある方は、
いずれ発酵食品スタンドやバーを開く
目標を立てても良いでしょう。

 

 

様々な発酵食品を扱う小規模のお店を開き、
その魅力や効果を多くの方に
知っていただける喜びは
きっと大きいはずです。

 

 

資格勉強はどうすればいい?

紹介した「発酵食品マイスター」や
「発酵食健康アドバイザー」などの資格は、
通信講座で学習及び取得が可能な資格です。

 

 

通信講座の場合、
普段忙しい方でも
時間の余裕を持って学習できるため
とても便利です。

 

 

また特定の学校に通う必要がないため
気軽に始められます。

 

 

これらの資格に対応する
通信講座の一つは、
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品マイスターW資格取得講座」です。

 

 

この講座は最短2カ月という早さで
発酵食品の基礎やプロ知識を学べる講座で、
初心者にも対応している他、
受講生一人一人に
専門スタッフのサポートがつきます。

 

 

また上位コースである「スペシャル講座」を選択した場合、
卒業課題の提出によって
試験免除で2資格を
同時取得する事もできます。

 

 

この講座の詳細について、
また紹介した資格の詳細については、
それぞれ公式サイトを参照してください。

 

発酵食品マイスターW資格取得講座