発酵食品資格の学習講座

発酵食品資格の基本と概要

 

発酵食品資格は、

 

諒設計アーキテクトラーニングのW資格取得講座や
SARAスクールジャパンの講座で取得することができます。

 

 

主に発酵食品の基本、発酵とはなにか、
自宅で発酵させるために必要なことなどに加えて、
食品衛生や発酵中の管理についても
学べる内容です。

 

 

また、発酵食品を美容に生かすための
工夫やアイデアも身につけられるため、
賢く発酵食品を摂取して、
自身の健康管理、家族の健康管理、
さらに、自身の美肌管理や
ケアに応用しても良いでしょう。

 

 

発酵はかなり昔、
私達が江戸や室町時代と呼ぶ時代より
更に前から存在しており、
最も有名な発酵生産物はお酒です。

 

 

日本酒、ワインのようなお酒は
アルコール発酵をさせて製造されますが、
最初のお酒の発酵は自然に
偶然生まれたものだったと言われています。

 

 

納豆についても偶然豆の運搬中に
わらの中にあった豆が発酵して
納豆になったと言われており、
人類の発展と発酵が関係する食文化は
意外と関係がある例もあります。

 

 

こうした発酵の歴史、
発酵生産のトラブルシューティングを学べるのが発酵食品資格で、
これから自分で発酵食品をつくろうと思っている方にとっては
特におすすめの通信講座です。

 

 

発酵食品は手作りできる

 

 

納豆やヨーグルトはお店で購入することもできますが、
家族全員分の食材を用意する場合、
その出費はかなり増えてしまいます。

 

 

一人暮らしでは
それほど負担にはなりませんが、
夫婦と子ども2人いる場合には、
納豆3パックで1セットのものだと、
4セット購入してようやく12パック入手できて、
食事で言えば3回分は用意できるでしょう。

 

 

市販の一般的な納豆は3パックで70円から110円ほどで、
4セット購入するとそれだけで280円から440円ほどかかり、
コストがどうしても掛かりすぎてしまいます。

 

 

これを小豆や大豆を1kg、2kgなど適度な分量、自身で購入して、
更に別途購入する納豆菌と合わせて発酵させれば
一気に1kgから2kgの自家製納豆を作れます。

 

 

納豆3パックは約150g100円ほどで、大豆1kgは安くて350円ほどです。
お店で売っている納豆を1kg分購入する場合は
600円から700円ほどは必ずかかりますが、
大豆から発酵させる場合はコストで言えば
半分か60%ほどのコストで同じ量の納豆を食べられることになります。

 

 

食べ盛りの子どもがいる場合にはこの節約はとても重要で、
4人家族で毎日毎朝納豆を1人1パック食べる場合には、
1週間で28パック、30日で120パック消費することになります。

 

 

これはお店で購入する場合は40セットの納豆を買うことになるので、
3パックセットの納豆が1つ100円ならば、4000円かかる計算になります。

 

 

これに対して、
この場合に消費する納豆6000gを大豆で購入すると、
1000g350円の大豆ならば、
水分を吸って約2倍に増量することを考えると
1050円で済みます。

 

 

乾燥大豆換算で
1kgの大豆を発酵させるのに必要な納豆菌50mlは
900円で入手できるため、
単純計算では
1050円と2700円をあわせた3750円で
納豆を同じ量作れます。

 

 

この納豆菌は家庭で培養させて増やすこともでき、
発酵期間を伸ばせば納豆菌の量が少なくても発酵してくれるので、
うまく条件を整えれば半分ほどの納豆菌でも
大量の納豆を生産できるでしょう。

 

 

発酵食品は美容に効果ありって本当?

 

 

発酵する家庭で、菌がアミノ酸や酵素を同時に生成します。

 

 

菌が納豆やヨーグルトを発酵する過程で生まれるアミノ酸や酵素は
その菌にとっては副産物でしかないですが、
これが人間にとっては有益な栄養素となり、
美容にも健康にも役立つものになります。

 

 

特に大豆やヨーグルトは
タンパク質を発酵によってアミノ酸の状態まで分解していて、
人体で消化するときには
生成しないようなアミノ酸も生み出してくれるため、
栄養バランスがタンパク質単体よりもバランス良くなります。

 

 

この栄養がお肌に良い影響を与えたり、
ダイエットや消化改善、胃腸の調子を整えるのを助けてくれたりします。

 

 

これらは、直接肌に好影響があるわけではなく、
間接的に影響してくれるもので、
血流改善や代謝促進が結果的に美容にも効果を発揮していってくれるというものです。

 

 

発酵食品資格では、発酵のことをより詳しく学び、
美容にも健康にも生かせるような内容を学ぶため、
本格的に普段から手作り発酵食品を味わいたいと
考えている方には特におすすめです。

 

 

初心者でも学びやすいように構成されているため、
発酵食品を作ったことがない人でもきっとモチベーションを高く維持して
発酵食品の知識を深めていけるでしょう。

 

 

手作り納豆や手作りヨーグルトから始めよう

 

 

発酵食品資格を確実に習得するには、
実際に講座を通して基礎知識を身につけるのも大切ですが、
自身で手作り発酵食品に挑戦するのも重要です。

 

 

知識だけ得ても応用できないので、
実践的に発酵に関する知識を生かして、
本当に発酵させられるようにならないといけません。

 

 

最も無難で、比較的コンタミしにくいのが納豆作りとヨーグルト作りです。

 

 

お酒作りをするときやチーズを作るときには
納豆を数日前から食べてはいけないと指導されますが、
これは納豆菌の力が強すぎるためで、
納豆菌そのものがコンタミの要因となってしまうくらいに
納豆菌のパワーはすさまじいです。

 

 

そのため、家庭で納豆を作る場合も他の菌に負けずに
納豆菌が生き残って発酵を進めてくれやすいので
初心者でも挑戦しやすいです。

 

 

ヨーグルトも牛乳を専用のヨーグルトメーカーに混ぜて入れて、
マシンで管理しながら発酵させれば良いので
それほど難しくはありません。

 

 

万が一失敗しても、
匂いがはっきりと失敗したと分かるような匂いになるので、
間違って食べてしまうこともないでしょう。

 

 

発酵食品資格の勉強をしながら、実際に発酵食品を作っていけば、
比較的簡単に資格を取得できるはずです。

 

 

諒設計アーキテクトラーニング【発酵食品資格】W資格取得講座

 

 

発酵食品資格の講座を開いている諒設計アーキテクトラーニングでは、
通常講座59800円のものと、スペシャル講座79800円のものがあります。

 

 

スペシャル講座では発酵食品マイスター資格(JSFCA)と
発酵食健康アドバイザー資格(JIA)の2つの資格を
同時に試験免除で取得できるうえ、
発酵食品の基本を抑えて学べて、
肩書きを取得できれば十分だと考えている方には
特におすすめです。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングの講座は通常のものも
スペシャル講座も一括払いと分割払いを選べるので、
予算に余裕が無い場合は、
分割払いで講座を受講できます。

 

 

学べる内容はSARAスクールジャパンの講座と同じですが、
諒設計アーキテクトラーニングの講座ならば
支払い方法に余裕があるので、頼りにしやすいでしょう。

 

 

発酵食品マイスターW資格取得講座

 

 

SARAスクールジャパン【発酵食品資格】基本コース・プラチナコース

 

 

SARAスクールジャパンでも諒設計アーキテクトラーニングと同じ2つの資格を取得できます。

 

 

基本コースは59800円で、試験の受験は行われないですが、
テキストを通しての学習はできます。

 

 

受験そのものは在宅受験の申込みを個人で行い、
それぞれ受験して合格基準の70%を満たせば資格を取得できます。

 

 

この基本コースでは、受験するタイミングを自分で選べるので、
卒業課題の提出までを
6ヶ月という期間内に終わらせられない可能性がある場合には、
基本コースを受けたほうが良いでしょう。

 

 

プラチナコースは79800円で6ヶ月の間に課題提出5回、
卒業課題1回をやりきれば試験免除で2つの資格を取得できます。

 

 

資格1つ受験するのに10000円かかるため、
基本コースに試験の受験料、2資格分を追加しただけの金額で、
試験を受けずに合格できるというお得なコースです。

 

 

課題の提出が間に合うならば、
プラチナコースを選んでもコスト面では結局差はありません。

 

 

発酵食品基本コース/プラチナコース

 

 

発酵食品マイスター資格(JSFCA)

 

 

JSFCA主催の発酵食品マイスター資格では、
有機食材の発酵食品を
美容に生かすための知識を身につけていることを示す資格です。

 

 

この発酵食品マイスター資格は、受験料10000円で、
在宅受験で試験を受けられる通信講座形式の資格です。

 

 

合格基準が在宅受験で70%を満たせば良いので
それほど難易度は高くはありません。

 

 

諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座を選んで受ける場合には
試験免除になるため、
少しでも確実に資格取得を目指すならば
諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座を受けるのが良いでしょう。

 

 

発酵食品マイスター資格

 

 

発酵食健康アドバイザー資格(JIA)

 

 

JIA主催の発酵食健康アドバイザー資格は、
発酵食品を健康管理に生かすための
アドバイスが出来ることを証明する資格です。

 

 

手作り発酵食品を安全に食べる方法や、
発酵食品を食べるタイミングの工夫で
より良い健康状態を維持できます。

 

 

発酵食品マイスター資格(JSFCA)と一緒に
この資格を取得できれば、
資格を持っているという自信にもつながり、
発酵食品づくりへのモチベーションも高まるでしょう。

 

 

この資格単体で受験する場合は、
受験料10000円、合格基準70%というシステムなので、
諒設計アーキテクトラーニングの講座などを通して学んでいれば
不合格になることはほぼありません。

 

 

発酵食健康アドバイザー資格

 

【口コミ】ヨーグルトづくりがもっと楽しくなった

私はネット通販で購入した
ヨーグルトメーカーを持っているのですが、
思ったよりコスパがよくなかったことと、
発酵が終わるまで待てないという
致命的な欠点のため
しばらくサボってしまっていました。

 

 

しかし、ネットサーフィンをしていて出会った
発酵食品資格があったおかげで
再びヨーグルトを作り出すようになりました。

 

 

種菌選び、牛乳選びが大切なのは
知っていたのですが、
いまいち本格的に
学べるものがなかったので、
専門的で役に立つと評判だった
諒設計アーキテクトラーニングの
発酵食品資格から
初めて見ることにしました。

 

 

通信講座で取得する資格は
どこのものでも高額になるので、
それほど金額については
驚くほどのものではなく、
むしろ2つの資格が
取れるということで、
資格をとった上で
ヨーグルトを作って
ブログにでもすれば
十分かと思って始めてみました。

 

 

ヨーグルト以外の発酵のことも学べて、
それまでは知らなかったことも学べました。

 

 

おかげで、ヨーグルトメーカーで納豆などを
作ることも考えられるようになって、
今では1ヶ月に2回から3回は
自身で発酵食品を作って食べています。

 

 

最も嬉しいのは自分好みの
ヨーグルトづくりを見つけられたことで、
一度仕組みや手順がわかってしまえば
非常に楽でした。

 

 

【口コミ】安全に発酵食品を作れるよう自信がついた

何度か発酵食品づくりに
挑戦したことがありましたが、
ヨーグルトはうまく固まらず、
納豆は腐らせてしまって失敗してしまいました。

 

 

それ以来あまり発酵食品には
挑戦しないようにしていたのですが、
発酵食品を作れる
ヨーグルトメーカーのようなものが
安くなっていたことと、
発酵食品の資格があることを知って、
また今度は本格的に条件を整えて
再挑戦することにしました。

 

 

資格の勉強はついでくらいのつもりでしたが、
大学に通って発酵や食品生産を学ぶと
何百万円もかかりますが、
この資格で基本だけ学べば
79800円で済むということで
資格での基礎学習を選びました。

 

 

基本がわかっていれば後はなんとかなると思い、
試行錯誤を繰り返していけば
なんとかなりそうな感じだったので、
個人で挑戦を繰り返したところ、
ひとまずなんとか食べられるレベルにまで
持っていけるようにはなりました。

 

 

主に、発酵前の準備、温度の条件を整えること、
湿度のことなどが参考にでき、
今では失敗なく発酵できるチャートも得られました。

 

 

これからはヨーグルトも納豆も
自分で作り出せるようになったので、
少し食費も浮かせられて、
何より自力で食べるものを作れているため、
食べるのも楽しくなり、
無駄に多く食べなくなったので
少しだけ食事制限にもなっています。