フラワーアレンジのセンスを磨く方法

MENU

フラワーアレンジのセンスを磨く方法

センスを磨くためにプロのフラワーアレンジメントをマネてみよう!

”お花にはセンスが必要”と言う言葉を聞かれことがあるという方は多いのではないでしょうか?もちろん、フラワーアレンジメントをする上でセンスは必要ですが、センスを磨くことは可能です。

 

フラワーアレンジのセンスを磨く方法

 

そのひとつが、プロのフラワーアレンジメントを見て真似することです。もしフラワーアレンジメントの教室に通っているとしたら、まず先生の作品をそっくりそのまま真似してみましょう。

 

素敵な作品を真似することで、色組み合わせ方やバランス感覚の型が自然に身に付き感覚を養われていくでしょう。その際に注意したいことは、ただ真似するのではなく、花の位置や色の組み合わせ方などを分析して考えながら作ることが重要です。

 

真似をしたい箇所を見つけ、それを自分の作品作りに活かすことで、オリジナリティでセンスの磨かれた作品を作れるようになるでしょう。

 

たくさんの作品を鑑賞しよう!

フラワーアレンジメントのセンスを磨く方法は、たくさんの作品を鑑賞して五感を磨くことです。作品を鑑賞する際には、作品の良い部分、自分が引かれた部分、購入するとしたらどの作品かなど、いろいろな作品から多くの事を学べるでしょう。

 

一度だけでなく何度か見ると、最初の印象を異なる場合もあります。そのため、直感も重要ですが、じっくり見ながら分析することも重要なポイントと言えるでしょう。

 

勉強することで磨かれるセンス

フラワーアレンジメントのセンスを磨きたい!と願っているなら、この機会に本格的にフラワーアレンジメントについて学んでみてはいかがでしょうか?

 

3年連続口コミランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の「フラワーアレンジメント資格講座」は、花を扱うプロを目指した講座内容を提供しています。

 

初心者の方でも問題なく学べるよう花材の見分け方や用具の適切な使用方法、多種多様なアレンジメント方法を着実に習得していきます。

 

フラワーアレンジメントについての知識とスキルが身につくだけでなく、履歴書に記入することが可能である日本デザインプランナー協会主催の「フラワーアレンジメントデザイナー」と、日本インストラクター技術協会主催の「プリザーブドフラワーデザイナー」の2種類の資格取得も目指せるようになっています。

 

フラワーアレンジメントのセンスを磨きたい方にはピッタリのおすすめの講座です。受講を検討してみませんか?まずは諒設計アーキテクトラーニングの公式ホームページをチェックしてみましょう。

 

フラワーアレンジメント資格講座

関連ページ

プロのフラワーアレンジ制作事例
お花が好きならフラワーデザイナーを目指すことは可能です。たとえばプロのフラワーデザイナーとして活躍している若山美小子さんは、現在、フランス国立園芸協会の審査員としても活動しています。ご主人がパリへ転勤した際にフラワーデザインについて学び、経験を積みプロになりました。このように学んで、経験を積む、つまり、たくさんの作品を制作したり、鑑賞したりすることがプロになるためには欠かせません。ですから、プロの作品事例から積極的に学んでいきましょう。
バラを閉じ込めた石鹸の作り方
バラには香りだけでなく、殺菌力と保湿力もあります。それに加え、潤いをキープしながら汚れや古い皮脂だけを落とすことが出来るので、バラを閉じ込めた石鹸は女性におすすめです。特に脂が気にるオイリー肌の方は、部分的にべたつきと乾燥が気になる混合肌の方には最適なスキンケアアイテムと言えるでしょう。また、抗酸化作用もあるのでシミ予防も期待できます。