プロのフラワーアレンジ制作事例

MENU

プロのフラワーアレンジ制作事例

プロのフラワーアレンジメント作品の事例とは?

プロのフラワーアレンジメントの制作事例は、鑑賞できるのはどのような所なのでしょうか?もしフラワーアレンジメント教室に通い、アレンジメントを習っているとしたら、先生が制作した作品を鑑賞することで感性を磨いてゆけるでしょう。

 

プロのフラワーアレンジ制作事例

 

また、フラワーアレンジの作品の展示会が定期的に開催されています。事情が許すとしたら、そのような展示会に足を運び、さまざまな作品から色の組み合わせ方やアレンジ方法などのアイデアやデザインなどを学びましょう

 

さらに本屋にある豊富な書籍やインターネットなどで、作品の制作事例を見ることが可能です。是非、活用できるものは活用し、自分の感性磨きに役立てましょう。

 

プロのフラワーデザイナーに学ぶプロへの道

お花が好きだとしたら、フラワーデザイナーを目指すことは可能です。たとえばプロのフラワーデザイナーとして活躍している若山美小子さんは、現在、フランス国立園芸協会の審査員としても活動しています。

 

ご主人がパリへ転勤した際にフラワーデザインについて学び、経験を積みプロになりました。このように学んで、経験を積む、つまり、たくさんの作品を制作したり、鑑賞したりすることがプロになるためには欠かせません

 

やはり、プロの作品事例から積極的に学んでいくことが、上達の秘訣と言えるのです。

 

プロのフラワーアレンジメントを目指そう!

プロのフラワーアレンジメントを目指し、この機会に本格的に勉強してみるのはいかがですか?そこでおすすめのツールは、3年連続口コミランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の「フラワーアレンジメント資格講座」です。

 

この講座は自宅において、フラワーアレンジメントの資格を簡単に取得することが可能です。初心者の方でも問題なく学べるよう、花材の見分け方や扱い方など、基本的な内容から、さまざまなアレンジメントのスキルを習得できるようになっています

 

最短2ヶ月(通常6ヵ月)という短い受講期間で、で日本デザインプランナー協会主催の「フラワーアレンジメントデザイナー」と、日本インストラクター技術協会主催の「プリザーブドフラワーデザイナー」の2種類の資格取得達成も可能です。

 

これらの資格は履歴書に記入できるもので、各種飾花業種やインテリア業界、また講師などお花を扱うプロとし活躍できるようになるでしょう。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみましょう。

 

フラワーアレンジメント資格講座

関連ページ

フラワーアレンジのセンスを磨く方法
ひとつが、プロのフラワーアレンジメントを見て真似することです。もしフラワーアレンジメントの教室に通っているなら先生の作品をそっくりそのまま真似してみましょう。素敵な作品を真似することで、色組み合わせ方やバランス感覚の型が自然に身に付き感覚を養われていくでしょう。その際に注意したいことは、ただ真似するのではなく、花の位置や色の組み合わせ方などを分析して考えながら作ることが大切です。
バラを閉じ込めた石鹸の作り方
バラには香りだけでなく、殺菌力と保湿力もあります。それに加え、潤いをキープしながら汚れや古い皮脂だけを落とすことが出来るので、バラを閉じ込めた石鹸は女性におすすめです。特に脂が気にるオイリー肌の方は、部分的にべたつきと乾燥が気になる混合肌の方には最適なスキンケアアイテムと言えるでしょう。また、抗酸化作用もあるのでシミ予防も期待できます。