会社や事務所で生かせるフラワーアレンジ

MENU

会社や事務所で生かせるフラワーアレンジ

会社や事務所におすすめの「プリザーブドフラワー」

お花は生き物です。そのため、花瓶に生ける生花は水を毎日取りかえるなど管理が必要です。また、生花よりも手間がかからないと言われているフラワーアレンジメントも、花器の中にあるスポンジに水があるかを確認する必要があります。

 

会社や事務所で生かせるフラワーアレンジ

 

そのため、会社や事務所など仕事に追われている場所では、お花を管理することは容易ではありません。そこでおすすめなのが近年注目されている「プリザーブドフラワー」です。

 

プリザーブドフラワーは、生花が一番美しい時に花の水分と色素を抜き、特殊な加工を施すことで長期間、本物の花のように鑑賞を楽しむことが可能です。

 

そして何よりも水やりなどの管理を必要としません。そのため、会社や事務所には最適なフラワーアレンジメントと言えるでしょう。

 

会社や事務所にフラワーアレンジメントを置くメリットとは?

プリザーブドフラワーを含め、鮮やかなお花や緑には、心身をリラックスさせ、イライラした気持ちや落ち込んだ気持ち、不安な気持ちを明るくポジティブな気持ちへと変えるパワーがあります。

 

従業員が目に触れる場所にフラワーアレンジメントを置く事で、職場は明るくなり、みんなが気持ちよく働けるようになって、仕事の効率もよくなることでしょう。

 

また、お花がもつ香りにはリラックス効果もあるので、疲れた体に生気を与え、一日の仕事を乗り切れるサポートもしてくれます。会社や事務所の規模にもよりますが、フラワーアレンジメントを取りいれてみてはいかがでしょうか?

 

花を扱うプロが目指せる通信講座

会社や事務所など自分がアレンジメントしたお花を飾ることができたらいいと思われませんか?3年連続口コミランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の「フラワーアレンジメント資格講座」を受講することで、自宅でフラワーアレンジメントについて学び、2種類の資格取得まで目指せます。

 

この講座では花材の見分け方や扱い方など基礎的なことから学べるので、初心者の方でも安心して受講できます。花を扱う仕事はさまざまなシーンに生かせるため、就職や転職にも資格が有利となります。

 

また、会社や事務所などにはお客様も多いので、フラワーアレンジメントを置くことでプラスの印象を与えます。職場でフラワーアレンジができることによって、有能な社員として扱われるようになるでしょう。

 

もちろん、お友達にアレンジメントをプレゼントしたり、自宅にインテリアの一部として飾る際にも学んだ知識やスキルを生かせるようになります。この機会に花を扱うプロを目指し、講座を受講してみませんか?

関連ページ

フラワーアレンジをプレゼントに生かす方法
プレゼントとして渡した瞬間は驚きの感嘆があがり、贈った側も嬉しい気持ちになります。しかし、その場を離れてて移動する際、花束、特に大きな花束は荷物となり、電車やバスなどの公共の乗り物を使用するとお花がつぶされてしまったり、傷んでしまうこともあります。そのため、自宅に着いて花瓶に飾る段階ではしおれていた・・ということがよくあります。しかし、フラワーアレンジメントなら可愛くコンパクトにアレンジすることが可能なので、持ち運びも問題ありません。
結婚式で求められるフラワーアレンジ
花材に注目し、季節の花や通年入りやすい花、インパクトのある花など節約できる花を使えるかもしれません。季節の花は季節感もでる上、市場で安く手に入ります。また、バラやカサブランカなど一輪でも存在感がある花は、少量でも使うことで全体がウエディングにふさわしい華やかさを与えます。お花が選べたらグリーンを使い、ボリュームアップを出します。
カフェやレストランで生かせるフラワーアレンジ
お店の顔とも言えるエントランス、つまり入り口は、お店の第一印象が決まると言っても過言ではありません。そのため、多くのお客様はエントランスを見て、お店に入るか入らないかを判断します。入り口がステキなお店なら、誰もが魅了されることでしょう。そこでエントランスにお店の雰囲気や季節のお花をフラワーアレンジすることで、明るくて華やかな雰囲気を醸し出せます。
自宅・お家で使えるフラワーアレンジ
フラワーアレンジメントは、ギフトとして贈っても喜ばれますが、自宅用にアレンジするなら家族から喜ばれることでしょう。切り花をプレゼントされたり、家の庭にお花が咲いているなら、器に入れて自宅用にアレンジしてみるのはどうでしょうか?その時に使う花や花器によって落ち着いた印象に仕上げることもできれば、華やかな印象に仕上げることもできるのがフラワーアレンジメントの魅力です。
食べられるお花と料理の盛り付けアイデア
結婚祝いに黄色のバラはNGです。なぜなら、黄色のバラの花言葉は嫉妬だからです。また偶数は2で割れるため、奇数が望ましいです。結婚祝い同様、結婚記念日にも黄色のバラはNGです。また、敬老の日や長寿のお祝いに首が垂れる花や白い花、菊の花はNGです。さらに新築祝いでは赤色の花は火(火事)を連想させるのでNGとなっています。