食べられるお花と料理の盛り付けアイデア

MENU

食べられるお花と料理の盛り付けアイデア

食べられるお花「エディブルフラワー」とは?

近年、エディブルフラワーが注目されています。Edible(食べられる)、Flower(花)と文字通り、食用花のことを指しています。料理にちょっと添えるだけで見栄えがよくなり、料理に華やかさを演出することができます。

 

食べられるお花と料理の盛り付けアイデア

 

エディブルフラワーに該当する花の種類は多くあります。たとえば下記のようなものです。

 

デイジー、マリーゴールド、ビオラ、カモミール、クローバー、サクラ、ストック、ナスタチウム、ハイビスカス、ペチュニア、ペンタス、ボリジ、マロウ、ローズ、ローズゼラニウム

 

生の花を食べることはもちろん、乾燥食用花として押し花タイプと自然乾燥タイプがあり、用途やシーンに応じて使い分けが可能です。

 

ヨーロッパなどの海外では一般的な食材として扱われていますが、ここ日本でも最近では通販やスーパーなどでも手軽に購入することができます。

 

ひとつひとつの味、香り、見た目が異なっていることに加え、栄養も豊富に含まれているので人気とが高まっています。では、エディブルフラワーの具体的な使用方法についてみてみましょう。

 

エディブルフラワーを使った料理とは?

エディブルフラワーの美しさをそのまま生かせるのは「エディブルフラワーサラダ」です。いつものサラダにエディブルフラワーをのせるだけで、一気にオシャレで華やかな一品となります。

 

クラッカーの上にクリームチーズをのせた「カナッペ」にエディブルフラワーを活用すると、パーティーにおすすめの1品に仕上がります。

 

また「生春巻き」はエディブルフラワーが透けてオシャレな見た目になるだけでなく、香りや風味を引き立てるのでおすすめです。

 

エディブルフラワーを使ったスイーツとは?

エディブルフラワーは料理だけでなく、スイーツにも利用できます。たとえば「ケーキ」などのデコレーションに使えるので、バースデーケーキやウエディングケーキにデコレーションすることで、一際華やかになるでしょう。

 

また、お花を閉じ込めた「ムース」や「ババロア」、一緒に焼き込む「クッキー」にもおすすめです。「ジャム」に加えると見た目だけでなく香りや食感も楽しめる特別なスイーツとなります。

 

残ったエディブルフラワーはアイスキューブにすることでおしゃれな雰囲気を演出できるでしょう。

 

パーティーやリラックスタイムにエディブルフラワーのアイスキューブを浮かべてみてはいかがでしょうか?

関連ページ

フラワーアレンジをプレゼントに生かす方法
プレゼントとして渡した瞬間は驚きの感嘆があがり、贈った側も嬉しい気持ちになります。しかし、その場を離れてて移動する際、花束、特に大きな花束は荷物となり、電車やバスなどの公共の乗り物を使用するとお花がつぶされてしまったり、傷んでしまうこともあります。そのため、自宅に着いて花瓶に飾る段階ではしおれていた・・ということがよくあります。しかし、フラワーアレンジメントなら可愛くコンパクトにアレンジすることが可能なので、持ち運びも問題ありません。
結婚式で求められるフラワーアレンジ
花材に注目し、季節の花や通年入りやすい花、インパクトのある花など節約できる花を使えるかもしれません。季節の花は季節感もでる上、市場で安く手に入ります。また、バラやカサブランカなど一輪でも存在感がある花は、少量でも使うことで全体がウエディングにふさわしい華やかさを与えます。お花が選べたらグリーンを使い、ボリュームアップを出します。
カフェやレストランで生かせるフラワーアレンジ
お店の顔とも言えるエントランス、つまり入り口は、お店の第一印象が決まると言っても過言ではありません。そのため、多くのお客様はエントランスを見て、お店に入るか入らないかを判断します。入り口がステキなお店なら、誰もが魅了されることでしょう。そこでエントランスにお店の雰囲気や季節のお花をフラワーアレンジすることで、明るくて華やかな雰囲気を醸し出せます。
自宅・お家で使えるフラワーアレンジ
フラワーアレンジメントは、ギフトとして贈っても喜ばれますが、自宅用にアレンジするなら家族から喜ばれることでしょう。切り花をプレゼントされたり、家の庭にお花が咲いているなら、器に入れて自宅用にアレンジしてみるのはどうでしょうか?その時に使う花や花器によって落ち着いた印象に仕上げることもできれば、華やかな印象に仕上げることもできるのがフラワーアレンジメントの魅力です。
会社や事務所で生かせるフラワーアレンジ
そこでおすすめなのが近年注目されている「プリザーブドフラワー」です。プリザーブドフラワーは、生花が一番美しい時に花の水分と色素を抜き、特殊な加工を施すことで長期間、本物の花のように鑑賞を楽しむことが可能です。そして何よりも水やりなどの管理を必要としません。ですから、会社や事務所には最適なフラワーアレンジメントと言えるでしょう。