諒設計アーキテクトラーニング「フラワーアレンジメント」資格講座

MENU

諒設計アーキテクトラーニング「フラワーアレンジメント」資格講座

「フラワーアレンジメントW資格取得講座」とは?

「フラワーアレンジメントW資格取得講座」は、3年連続口コミ評判ランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している資格取得講座のひとつです。

 

諒設計アーキテクトラーニング「フラワーアレンジメント」資格講座

 

この講座はフラワーアレンジメントを学び、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「フラワーアレンジメントデザイナー」と、日本インストラクター技術協会が主催する「プリザーブドフラワーデザイナー」の資格取得を目指せる講座内容を提供しています。

 

フラワーアレンジメントW資格取得講座の一般講座(講座卒業後、個人で資格取得を目指すコース)は税込59,800円、卒業課題を提出することで認定試験免除で2つの資格が認定される試験免除講座は、資格保証込で税込み79,800円となっています。

 

どちらの講座も添削課題を5回クリアする必要があります。受講期間は通常6ヵ月ですが、早めのペースで学習を進めることによって、最短2ヶ月で資格取得も可能です。

 

「フラワーアレンジメントW資格取得講座」で学べること

フラワーアレンジメントW資格取得講座は、初心者の方でも問題なく学べるよう独自のカリキュラムを採用されており、安心して学習できる内容です。

 

具体的には花材の見分け方や用具の正しい使い方など基礎要素からはじまり、さまざまなアレンジテクニックがカリキュラムに含まれています。

 

例えば、それには花材の扱い方や持ち方・置き方・切り方、花材のため方、茎の曲げ方、葉に動きを出す方法、葉をしならせる方法、葉をカールさせる方法などがあります。

 

その後、実際にアレンジを実践します。そして、下記に挙げる方法なども学んでいきます。

 

半球形のラウンドやトライアングル、ダイヤモンド、Y字型、スクリーン、V字型、色の組み合わせ型、高さのバランス、ブーケの作り方、ラッピングの手順、リボンの結び方、リースの作り方(生花・ドライ・キャンドル入り)、コサージュ

 

さらにアレンジの応用も習得できるようになっており、お花を扱う仕事をしている方や、これから従事したい方におすすめです。

 

フラワーアレンジメント資格を取得するメリットとは?

近年、お花を扱うシーンは増えています、フラワーショップはもちろんのこと、式典施設や各種イベント会場などでもお花が扱える人材が必要とされています。

 

この講座を受講することで、フラワーアレンジメントについての内容を本格的に習得し、資格を取得できるため、今後お花を扱う業界で働きたい方にとって、履歴書に記述してアピールすることで就職や転職が有利となるでしょう

 

また、すでにお花関係で働いている方にとっては、スキルアップとなるでしょう。

 

フラワーアレンジメント資格講座

関連ページ

SARAスクールジャパン「フラワーアレンジ」資格取得コース
日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「フラワーアレンジメントデザイナー」と、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「プリザーブドフラワーデザイナー」の2種類の資格取得も目指せます。講座卒業後に個人で資格取得を目指す基本コースは税込59,800円、認定試験免除で100%資格取得が確実なプラチナコースは資格保証込で税込79,800円となっています。
フラワーアレンジメントデザイナー(JDP)
「フラワーアレンジメントデザイナー」資格は、日本デザインプランナー協会が主催している民間資格です。この協会はデザインの各分野で一定の技術とスキルを保有している人に資格を認定しています。20種類以上の資格を扱っていますが、フラワーアレンジメントデザイナー資格は、特に女性に人気がある資格のひとつです。この資格にはフラワーアレンジメントに対する知識や技術が求められています。
プリザーブドフラワーデザイナー(JIA)
「プリザーブドフラワーデザイナー」資格は、日本インストラクター技術協会が主催している民間資格です。この協会は講師として教える能力が十分にあると評価された人に資格を認定しています。第三者が与える資格なので、履歴書に記入することができます。プリザーブドフラワーデザイナーには、さまざまな花と花器についての知識、用具の使い方、アレンジのテクニックと応用などフラワーアレンジメントとガーランドについての知識と技術が求められています。
【概要まとめ】フラワー資格講座の受験資格とかかる費用
「フラワーアレンジメントデザイナー」と「プリザーブドフラワーデザイナー」は、それぞれの協会が主催する認定試験に合格することで資格取得となります。受験資格は特に求められていないので、どなたでも自由に認定協会の公式ホームページから受験申請が行えます。試験は2ヶ月に1度偶数月に、定期的に開催されているので比較的チャンスが多いと言えるでしょう。また、受験方法は自宅での在宅受験スタイルを採用することで、リラックスした雰囲気のもと受験できると評判です。