フラワー資格完全解説アレンジ講座

MENU

フラワー資格ってどんな資格?

フラワー資格講座では、お花の名前や種類、生花のやり方やデザインの考え方などを用いて、より美しく、華々しくフラワーアレンジメントをするスキルをアップさせるのが目的です。

 

お花は日々生きているため、時間経過で花の色や咲き方が変化します。プレゼントする時、最高の状態で一瞬の美しさ、生命力の開花を感じさせられるように生けるタイミングを工夫してアレンジする事が理想と言えます。

 

 

しかし、お花の状態や瞬間の美しさなどを完璧な状態で保存することはできないため、それぞれのお花に関する知識を十分理解して思い通りのフラワーアレンジメントができるようにする必要があります。

 

インテリアとして家庭で生花を作る場合は、毎日のお花の変化も楽しみの一つそのため最高の状態を意識しなくても良いですが、イベント、結婚式などで贈り物として利用する場合には、タイミングと状態が重要になります。

 

お花の知識とお花の花言葉なども考慮して、見る人すべてが感動するような贈り物に出来るのがフラワーアレンジメントの最終目標です。

 

独学で学べないことはないですが、フラワー資格講座を通して本格的な知識、生花のアイデア、デザインの工夫を学ぶことによって、最短ルートでお花についてマスターすることが可能でしょう。

 

アレンジを学んでお花の仕事を目指せる

お花の仕事とはいえ、やることは結局センス頼りのデザインです。複数のお花を組み合わせて、色や香り、花言葉などをお花で表現するのがフラワーアレンジ、生花、華道の基本です。

 

 

デザインやお花の組み合わせに正解はなく、それぞれの感覚、センスでいくらでもアレンジ可能ですが、仕事にする場合には、依頼してくれる方の要望に合わせて、その場の環境に最適に彩れるようにしなけることでいけません。

 

どこに飾るのか、お花を飾る目的、お花が醸し出すべき雰囲気、選ぶと良さそうな花言葉など、そのフラワーアレンジを施す場所を中心にデザインを考案していくことになります。

 

ほとんどは頭の中でお花を眺めながらおおまかなデザインのイメージを決めていきますが、お花屋さんでぴったりの花がないこともあれば、時期的にその花が入手できないというような場合もあります。

 

そのため、限られた条件の中で最高のもの、依頼者の要望に答えられるレベルのものを作ることになります。このようにフラワーアレンジは決して簡単にできるものではなく、資格を取得したからといって完ぺきにできることもありません。

 

資格講座を通して基本を学び、自身でたくさんの経験を積んでいってはじめて仕事に生かせるくらいのものが作れるようになります。

 

趣味のフラワーアレンジメントをステップアップ

趣味でお花を飾っている方には、基本からしっかりと学べるフラワー資格講座は特におすすめです。お花の組み合わせがいまひとつ、なかなか思い通りに飾れない、飾ってもお花がすぐに枯れてしまうなど、家庭で飾る場合でも悩むことはたくさんあります。

 

 

フラワー資格を通してフラワーアレンジの多くを学ぶことで、どんな花を組み合わせて、何色の花を組み合わせるとよいか、花器は何を選んだらよいか、お花を長持ちさせるにはどうしたらよいか、また、プロはどんな工夫をしているかを学べるようになっています。

 

そのため、趣味をステップアップして、さらに美しいフラワーアレンジが出来るようになるでしょう。

 

趣味でお花をデザインするのはそれほど難易度は高くはないのですが、高価なお花を飾ってすぐに枯れてしまうのは効率的とは言えず、また、枯れていく様子を長く見るのもあまり気持ちの良いものではないでしょう。

 

少しでも美しい瞬間を長続きさせて、毎日お花を眺めるたびにその美しさに癒やされるような工夫をして、もっとお花の良さを引き出せるかもしれません。

 

フラワーアレンジメント資格は、趣味でお花を楽しみたい方にもおすすめです。何年も経験を積んでいる方であれば、お花の生涯学習講座やカルチャースクールも開講することも可能ですが、その際にフラワー資格があれば教室開講審査や講座のアピールがより効果的となるでしょう。

 

フラワー資格は仕事にも生かせる

フラワー資格を取得することによって、お花に関する知識やスキル、生花やフラワーアレンジのテクニック、また、資格の取得によって、フラワーアレンジに本気であることを証明できるようになります。

 

 

そのため、お花の教室を開いたり、フラワーアレンジのハンドメイドグッズをメルカリやフリマアプリで販売するための基礎がしっかりと養われるでしょう。

 

資格がなくても、センスとハンドメイドしたものが良いというケースでは、購入につながるかもしれませんが、お花の性質上、事前に作り置きするのが難しいことから、注文を受けてから作るような形になってしまいます。

 

そのようなことを考えると、お花の注文の受け方、納品の仕方、連携方法や連絡方法などビジネス面の工夫やスキルも必要になります。

 

また、教室を開く場合には、少しでも早くフラワーアレンジの基本を伝えて、お花の飾り付けを楽しめるようにしないと、生徒も減ってしまうことも考えられます。

 

生け花教室とするか、華道教室とするか、フラワーアレンジ教室と名付けるかによって、その教室の印象もかなり変わり、来てくれる方々のニーズも変化します。

 

華道と書いてしまうと流派の関係でトラブルになったり、流派によってはクレームもありえるので、フラワーアレンジという言葉を使うのが無難です。

 

教室を開く時には、できるだけお花をすぐに生けられるようにし、教室で作ったものはそのまま持って帰れるようにすることで、生徒が継続して通ってくれるようになるでしょう。

 

肩書きがあればお店でも個人ショップでも使える

フラワー資格取得の一番のメリットは、個人のショップやお店でその資格を紹介し、スキルが有ることとしっかりと運営されていることを証明できることです。

 

 

メルカリや個人のネットショップでフラワーアレンジを販売する場合でも無資格の人から買うよりは有資格者から購入する方が安心できるのは事実です。

 

諒設計アーキテクトラーニングのフラワー資格講座で取得できるフラワーアレンジメントデザイナー(JDP)とプリザーブドフラワーデザイナー(JIA)の資格を取得することによって、フラワー教室を開く場合にも、フラワーアレンジを販売する場合にも、どちらにも有利となるでしょう。

 

このフラワー資格は取得するのはそれほど難しいものではありません。特別な通信講座を受けることで、在宅で課題の提出をしていくことで、修了証を手に入れられる仕組みがあります。

 

それがそのまま肩書きになるので、遠方まで誰かに監視されながらテストを受けるようなことはなく、個人のセンスや感覚を信じ、お花のデザインを考案しつつ、お花の知識や飾り付けるテクニックを講座を通して学ぶことができます。

 

ほとんどのお花屋さんは資格を取らずに運営することも可能ですが、花屋をやるときにも何かしら資格があったほうが顧客からの信頼度は上がるため、肩書きはあることに越したことは無いでしょう。

 

センスとデザイン力を磨ける講座

フラワー資格講座では、お花の飾り付けのセンス、お花を選ぶセンス、組み合わせて飾るデザイン力をアップさせることが可能です。

 

 

花言葉を知らなかったとしても、ただきれいな色を組み合わせて飾り、眺めて楽しむというのも良いですが、贈り物をする時や、大勢の人が見る場所にお花を飾る時には花言葉を気にする方もいらっしゃるので、縁起の悪い花言葉を持つ花は避けるべきでしょう。

 

個人で自宅で飾る分にはいくらでも、自由に好きなお花に囲まれた生活をしていて良いですが、仕事としてクライアントの要望に答える場合には花言葉で「失敗」や「懺悔」のような花言葉を持つ花を入れてしまうのは控えましょう

 

結婚式のようなイベントの時に「別れ」や「不純」というような意味を持つ花を入れてしまうのも良くないため、選ぶお花には十分気をつける必要があります。

 

飾り付けに関しては、メインに添えるお花と、中心にするお花を支えるようなお花、ポイントとして飾るお花などを工夫する必要がありますが、どのように組み合わせるかを決めるには、やはり花言葉の知識や花の色の知識が必要です。

 

人工的に作られた花も多く、品種改良された花として、青色やエメラルドグリーン色の花などを知ることによって、フラワーアレンジに組み込むこともできます。

 

お花の種類や流行、品種改良されたものがあるかどうかという知識もフラワーアレンジには欠かせません。

 

おすすめのフラワー資格取得講座

フラワーアレンジをもっと学んで、趣味も仕事もステップアップさせられるフラワーアレンジ資格講座をまとめています。

 

講座を通して取得できる資格も詳細を解説しているので、興味がある方は無料資料請求も検討してみてください。

 

お花の教室で自信を持って教えられるようになった

元々は趣味でやっていたお花の飾り付けでしたが、来客者やママ友などの希望もあって、PTAの親子会でみんなに教えることになったのが教室開講のきっかけでした。

 

頼まれると断れない性格で、お花は好きだったのと、教えている間に疲れるという感覚がなく楽しかったので、教室も趣味で始めることにしました。

 

そこで教え始めたは良いもののだんだんと生徒さんが増えてきてくれて、中にはお花に詳しい方も通ってきてくれるようになっていることに気づきました。教える側の私が負けていては恥ずかしいと思って挑戦することにしたのが、こちらのフラワーアレンジメント資格でした。

 

資格の内容はそれほど難しくはなく、2ヶ月ほどでサクッと課題提出が終わりました。肩書きが手に入って、教室のチラシなどでもお知らせできたため、生徒さんたちも嬉しく思ってくれたようです。

 

資格がある人にちゃんと教えてもらっていると思えるのは、考えてみれば生徒さんにとっても自信につながることでしょうから、資格講座を通して資格をとっておいてよかったと思います。

 

趣味の生花がもっと楽しくなった

趣味で生花をやっていたのですが、個人的にイマイチ納得のいくデザインにできない時期が続いていて、悶々としていました。

 

インターネットでいろんな方の生花を見せてもらったり、Instagramなどを通して世界の人々のフラワーアレンジのアイデアを参考にしたりしていましたが、私の心にぴったり来るお花にはなかなか出会えていませんでした。

 

そこで、もっと基本からちゃんと学ばないとダメだと思って、この諒設計アーキテクトラーニングのフラワー資格を取ることにしました。講座の中で学んで、課題提出で資格を認定してもらえるというのにも少し惹かれました。

 

資格を取得した後ですが、まだ自分のお花の納得いくアレンジには出会えていないですが、なんとなくの方向性は見えてきて、デザインをするときの工夫の仕方、構造や形の基本などはとても参考になりました。