ハーバリウムが人気な理由と独自のアレンジ

MENU

ハーバリウムが人気な理由と独自のアレンジ

「ハーバリウム」とは?

ハーバリウムは、美しい花や植物の標本で、生花よりも長持ちするというメリットがあります。また、ドライフラワーよりもみずみずしい美しさがあるため、インテリアやプレゼントとして活用されています。

 

ハーバリウムが人気な理由と独自のアレンジ

 

ビンにドライフラワーやプリザーブドフラワーを詰め、オイルを注ぐだけで簡単に作れるプリザーブドフラワーですが、みずみずしい状態のお花を長期間鑑賞できることに加え、お手入れをする必要がありません。

 

ビンの中でゆらぐ花を観賞することで、リラックス効果も得られます。そのため、病院のお見舞いをはじめ、誕生日プレゼントや入学式などさまざまなシーンに活用することが可能です。

 

ハーバリウムが人気の理由とは?

ハーバリウムが人気のある理由のひとつとして、好みの素材で自由に手作りできるという点が挙げられます。好きな形のビンや好きな花の種類、色を選べるので自由にアレンジすることが可能です。

 

そのため、プレゼントにも最適です。見た目も華やかで、相手の好みに合わせて作れることもあって、人気となっています。

 

ハーバリウムと一言でいってもその種類は多く、火を灯すとお花が浮かび上がる「ハーバリウムオイルランプ」は、初心者の方でも比較的簡単に作れると評判です。

 

ハーバリウムを独自にアレンジしてみよう!

ハーバリウムは、アイデア次第でさまざまなタイプの作品が作れます。特に100円均一の材料でも作れることで話題となっています。自分の好きな花を選んで作るので、世界にひとつだけのハーバリウムと言えるでしょう。

 

生花のようにお手入れしなくても、美しさをキープできるのも魅力のひとつです。特に専門的な知識や技術がなくても基本の作り方をマスターしてしまえば、独自のセンスとアレンジでステキなハーバリウムを完成させることが可能です。

 

例えば、ビンの形を変えたり、花のカラーを変えたりすることが可能です。また、花だけでなく、差し色としてグリーンを入れることで雰囲気が変わるので、とてもおすすめです。

 

さらにビンの蓋を閉めた後、麻ヒモやリボンなどを巻くだけで、売り物のような本格的な仕上がりになります。リボンの色で可愛くもなればシックにもなり、さまざまな表情が楽しめるのも手作りならではの魅力と言えるでしょう。

 

是非、独自のセンスとアレンジでハーバリウムフラワー作りにチャレンジしてみませんか?そして、生活の中にハーバリウムフラワーを取り入れ、生活に潤いを与えましょう。

関連ページ

死んだ花と生きた花の持つ意味の違い
死んだ花とも扱われるドライフラワーは、扱いがとてもラクでプレゼントとしていただいても扱いやすいです。一方、生花はプレゼントとしていただいても移動中に散ったり、つぶれたり・・など劣化が早く、お手入れの管理が必要です。どちらのタイプの花をプレゼントされても嬉しいものですが、文化の考え方や風水の考え方では、ドライフラワーは縁起が悪く、運気を下げる花とみなされており、好まれていません。
100円均一でできるハーバリウムアイデア
100円均一の定番ともいえるドリンクジャーや電球型のビンは、蓋も付いているのでハーバリウムにおすすめです。特に電球型のビンはハーバリウムに大人気となっています。また角柱、円柱、円筒、円錐、ハートなどのビンも揃っているので好みの容器を選べるでしょう。使用する花は造花や人工的に作られた観葉植物、果実などもありハーバリウムの材料として使えます。