死んだ花と生きた花の持つ意味の違い

MENU

死んだ花と生きた花の持つ意味の違い

贈り物に最適な「ハーバリウム」

美しい花や植物の標本である「ハーバリウム」は、生花よりも長持ちする特徴があり、ドライフラワーよりもみずみずしい美しさがあるので、インテリアやプレゼントに最適なアイテムとして近年注目されています

 

死んだ花と生きた花の持つ意味の違い

 

購入することはもちろん、自分でも手作りできるハーバリウムですが、使用するビンの形や花の種類によって全く異なるものとなります。特に使用する花は、ドライフラワー、プリザーブドフラワー、造花から選択可能です。

 

人によってはドライフラワーは”死んだ花”と感じる方もいるようです。そのため、プリザーブドフラワーをプレゼントする際には、相手側のシチュエーションに合ったものを選ぶよう、注意する必要があります

 

では、一般的に死んだ花と生きた花はどのような意味をもっているのでしょうか?

 

死んだ花と生きた花の意味とは?

死んだ花とも扱われるドライフラワーは、扱いがとてもラクでプレゼントとしていただいても扱いやすいです。一方、生花はプレゼントとしていただいても移動中に散ったり、つぶれたり・・など劣化が早く、お手入れの管理が必要です。

 

どちらのタイプの花をプレゼントされても嬉しいものですが、文化の考え方や風水の考え方では、ドライフラワーは縁起が悪く、運気を下げる花とみなされており、好まれていません。また、生花よりも見劣りするイメージを持たれている方は少なくありません。

 

そこで近年プリザーブドフラワーと呼ばれる、まるで生花のように見えるドライフラワーが注目されています。プリザーブドフラワーは特殊な乾燥方法や加工技術を施すことで、自然乾燥をしたドライフラワーよりも好まれています。

 

また、プリザーブドフラワーは生きた花とみなされ、ドライフラワーのように運気を下げないとも考えられています。

 

もちろんドライフラワーを使ったハーバリウムもステキですが、風水などを気にする方や、風水を信じている方にプレゼントする場合は、死んだ花とみなされているドライフラワーではなく、プリザーブドフラワーを使ったものを選ぶようにしましょう。

 

ハーバリウムフラワーを活用しよう!

ハーバリウムは、お祝いやお見舞い、ちょっとした挨拶などさまざまなシーンに贈り物として活用できます。近年、生花をお見舞いに禁止する病院も増えている傾向があるため、生きた花のように見えるハーバリウムは適切な贈り物と言えるでしょう。

 

ハーバリウムは注目されているとは言え、まだまだ知らない方も多くいますから、プレゼントしたあとも話題となることでしょう。通販などで購入することもできますが、100均ショップで材料を揃えて、簡単に手作りすることも可能です。

 

この機会にハーバリウム作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

ハーバリウムが人気な理由と独自のアレンジ
ハーバリウムは、美しい花や植物の標本で、生花よりも長持ちします。また、ドライフラワーよりもみずみずしい美しさがあるため、インテリアやプレゼントとして活用されています。ビンにドライフラワーやプリザーブドフラワーを詰め、オイルを注ぐだけで簡単に作れるプリザーブドフラワーですが、みずみずしい状態のお花を長期間鑑賞できることに加え、お手入れをする必要がありません。
100円均一でできるハーバリウムアイデア
100円均一の定番ともいえるドリンクジャーや電球型のビンは、蓋も付いているのでハーバリウムにおすすめです。特に電球型のビンはハーバリウムに大人気となっています。また角柱、円柱、円筒、円錐、ハートなどのビンも揃っているので好みの容器を選べるでしょう。使用する花は造花や人工的に作られた観葉植物、果実などもありハーバリウムの材料として使えます。