お花の豆知識と管理方法

MENU

お花の豆知識と管理方法記事一覧

 
フラワーアレンジに人気の花と価格相場

花の価格相場とは?お花の価格は花の種類によって変わりますが、お店によっても変動します。たとえば同じバラに花が10本で3,000円で売っているお店もあれば、1本3,000円するバラもあります。なぜ同じ花でも価格にこれほど相違がでるのでしょうか?それは仕入れ方法が異なっていることや価格設定方法の違い、品質の違いなどが関係しているからです。また、母の日やクリスマスなど需要と供給も価格変動に影響を与えます...

 
 
お花の管理方法と生きた状態の活用法

お花が弱らないために気を付けたい水分の管理生花を少しでも長持ちさせるためには、水分をお花から失わせないことです。つまり、生花が弱ってしまう原因は、水不足です。生花は生きており、花や葉から水分が蒸発しています。そのため、しっかり水分の管理をしていないと、お花はすぐにしおれてしまいます。では、生き生きした状態をキープするにはどのようにしたら良いのでしょうか?それは水を吸い上げる入り口、つまり切り口を整...

 
 
イベントごとに適する花器とその種類

ウエディングに適した花器とその種類とは?人生で一番輝かしいウエディングに、フラワーアレンジメントは欠かせません。華やかな瞬間を残すためにゴージャスでラブリーなアレンジが人気です。ゴージャスな花の代表と言えば、バラ、シャクヤク、カラー、あじさいなどが挙げられるでしょう。ピンク系やパステルカラー系、スモーキーカラー系など加え、清爽なイメージがあるホワイトカラーのアレンジも人気です。ウエディングの希望に...

 
 
イベントに合わせやすい花と花言葉

ウエディングに定番プレゼントはお花結婚のお祝いの定番と言えば、華やかさを演出してくれるお花のプレゼントです。相手の好みがよく分からなくお花を贈ったとしても、お花を貰って嫌な気持ちをする人はまずいません。また、上司などの会社関係の方や目上の方など、どんな相手にも安心して贈れるのがお花の魅力とも言えます。さらにお花ひとつひとつには「花言葉」があり、意味があります。そのため、相手にふさわしい花を花言葉と...

 
 
フラワーアレンジの基本と色の組み合わせ方

フラワーアレンジの知っておくべき基本とは?フラワーアレンジメントは、たくさん花を調和させ、美しく見せるテクニックです。キレイにアレンジメントするためには、それぞれの花材の特徴を理解することに加え、形の調和と色の調和が整っていることがコツとなります。では、形の調和とは何でしょうか?それは花の特徴を掴むことが関係しています。お花は、主に4つのタイプに分類されています。「ラインフラワー」アレンジメントの...

 
 
プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは?「プリザーブド」とは、英語のpreservedのことで、「保存された花」、「防腐処理が施された花」という意味があります。生花の一番美しい時期に花の水分と色素を抜くことで、美しい状態で保存することができるよう特殊な加工を施します。プリザーブドフラワーは、枯れることはありません。また、水やりなどの管理もいりません。そして、生花のように花粉の心配がないため、結婚式のブーケやお見...

 
 
フラワーアレンジの基本の型と花の配置

フラワーアレンジメントの基本の型「ラウンド」とは?フラワーアレンジメントの基本の型とも言える「ラウンド」は、丸いボールを半分に切ったような形をしています。360度、どこの角度からみても丸い形をしているため「ドームアレンジ」とも呼ばれています。そのため、キレイに仕上げるコツは、どの方向から見ても均一に仕上げることです。そのためには、ほぼ同じ丈に揃えた花材を、花器を回しながら挿していくことがポイントで...

 
 
組み合わせが最適な花の色と種類

色の配色について色の配色とは、色と色を合わせることです。つまり、色と色を合わせることで、作り出したいイメージや、贈りたい相手のイメージを表現することができます。たとえば目上の型にお礼のアレンジメントを贈る場合は、落ち着きのある高級感を表現するために深紅のバラとグリーンを組み合わせられるかもしれません。また、お友達の出産祝いの場合は、ピンクのガーベラと水色ブルースターを組み合わせることで可愛らしいイ...

 
 
生花のメリットとデメリット

生花のメリットとは?鮮やかな生花は生命力があるため、心身をリラックスさせ、癒しを与えます。そのため、生け花は世界中で愛されており。万国共通のギフトとして選ばれています。それは女性だけに限らず、男性でもお花から癒されている方は少なくありません。そんな生花のメリットと言えば、香りといえます。近年は香りがある増加もありますが、本物の生花とは比べものになりません。また、生き物である生花には寿命がありますが...

 
 
フラワーリースの作り方と応用例

ドライフラワー作りの基本方法好きなお花はドライフラワーにすることで長い期間、鑑賞できます。ただ飾ってもステキですが、リースとして飾る事で、オシャレな空間の演出も可能でしょう。では、今回はミモザのドライフラワーを使った基本の作り方をご紹介しましょう。必要な材料はリースの土台、ミモザ、麻ヒモ(リースの直径の4倍の長さ)、はさみです。まずミモザを切り揃えます。その際、ミモザの花の部分を15~18㎝程度(...

 
 
生花を保存しておける期間と長持ちさせる方法

生花を長持ちさせる方法とは?生花の場合、置き場所と水やりの管理によく注意を払う必要があります。生花は生きているので、花束をもらったときは、まずセロファンを外し、茎を洗い、水切り(お水を張ったバケツなどの中で、茎の先端を1~2㎝斜めにカットすること)をしましょう。花束の形を崩さないためには、束ねてあるゴムなどは外さずに、そのまま花瓶に生けると良いでしょう。全体の様子をみて、高さと広がりを調整すること...

 
 
悪い意味を持つ花と目的別の注意点

奥深い花言葉の世界言葉にも忌み言葉があるように、花にも忌み花や花言葉があります。花を贈ろうと考えているときは、相手のシチュエーションや状況などをよく把握することが重要です。花を贈る際には花にまつわる意味や花言葉などを知らずに贈ってしまうことがないように気を付けましょう。たかが花なのに・・と思われる方もいるかもしれませんが、花にまつわる縁起かつぎはいろいろとあるので、要注意です。では、悪い意味を持つ...