DIYで空き缶イルミネーションを作る技術

DIYで空き缶イルミネーションを作る技術

空き缶イルミネーションができれば変わった雰囲気にすることができます。DIYで手軽に作れますが、技術などが無いとかなり大変になります。アドバイザー資格を取得するときに、いろいろな技術を身に付けられるようになります。

基本的な技術があれば材料はそろいやすい

冬になると、外壁などにイルミネーションを設置することがあります。100円ショップやホームセンターなどに素材は売られているので、後はそれを設置するだけです。しかし、売っているものをただ設置しても、他の家と同じようなものになってしまいます。そこでDIYで空き缶イルミネーションに挑戦をしてみましょう。声まで経験がないのであれば、工作などのアドバイスができる資格を取得してみましょう。アドバイザーの資格ですが、もちろん自分自身の技術を身につけるのにも使うことができます。空き缶は扱い方を気を付けないといけないですが、やり方がわかれば簡単にできます。

ドリルで穴をあけると簡単にできる

空き缶にはアルミタイプト鉄タイプがあります。アルミタイプは柔らかく、きりなどでも穴をあけることができます。鉄タイプだと簡単にはあけることができません。一つあけるのにかなりの時間がかかってしまいます。DIYで空き缶イルミネーションを作る時には、空き缶に模様を付けていきます。そしてその模様に合わせてどんどん穴をあけていきます。電動ドリルが使えると簡単にどんどん穴をあけられるようになります。電動ドリルの扱い方がわからないときは、扱い方が学べる講座を利用しましょう。いろいろな活用方法があるので、他のものを作るときにも役立てることができます。

電気の配線などを知っておくと良い

イルミネーションで必要なのが、電気などの配線です。最近はLEDタイプが出てきて、電気代自体は安くなっています。その分設備のコストは少しかかることもあります。DIYを使って空き缶イルミネーションに挑戦するのであれば、電気の配線などを知っておく必要があります。ホームセンターなどで売られているものは、接続することでどんどん広げることができます。資格を取得しておけば、自己流の接続等もできるようになるかもしれません。これまでに見られないようなタイプを作りたい場合にも、資格を取得する上で得られる技術を活用することができます。

まとめ

DIYであき缶イルミネーションを作ることは可能です。ただ、何の知識もないと、空き缶への加工や電気の配線などが難しいです。資格を取得すると技術が得られるので、加工もしやすくなり、電気の配線などの技術も身につきます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順