就職するときにDIYの資格があると良い会社

就職するときにDIYの資格があると良い会社

ホームセンターの販売員の仕事をするとき、お客さんの質問などに答えないといけません。DIYの資格を持っていると、合っている道具や材料を伝えやすいでしょう。自分でリフォームをする人に提案ができる会社などでも仕事がしやすくなります。

ホームセンターなどで販売担当者になれる

ホームセンターで販売されているものとして、日用品などがあります。それ以外には、いろいろな工具であったり、工事のための素材などが販売されています。工具にしても、細かくサイズなどがわかれているので、より用途に合ったものを選ぶことができます。DIYの資格を保有している場合、就職で有利になるのは、ホームセンターでの販売員があるでしょう。道具であったり材料などを販売する人で、単に販売するだけではありません。使い方のアドバイスもできるので、よりお客さんに喜んでもらえます。仕事をしながら、材料のことなどもどんどん覚えることができます。

リフォームができる賃貸物件でのアドバイザー

賃貸物件は、基本的には入居時のまま使わないといけません。もし自分で変更をしたときには、元に戻して返却する必要があります。原状回復が必要になり、それなりのコストもかかります。あまりする人はいません。ただ、最近は少し変わった賃貸物件が出ています。それは、自分でリフォームができる物件です。少し古めの団地などで、若い人の入居を狙って原状回復の制限を緩和してくれています。DIYの資格を持っている人が就職する場合、自分でリフォームをするときのアドバイザーとしてがあります。基本的には自分で行いますが、希望に応じてアドバイスをする仕事です。

工具を製造したり販売する会社の営業

DIYをするときには工具が必要です。かつては手動のものがメインでしたが、最近は電動工具などが人気になっています。ドリルやドライバーなどが電動式になっているので、作業がしやすくなります。DIYの資格を持っている人が就職をする会社として、電動工具などを製造したり販売する会社があります。工具をよく使う会社に売り込みに行ったり、ホームセンターなどの販売店に売り込みに行ったりします。ただ製品の特長を伝えるだけでなく、利用者側の立場で提案できるので、提案される方も納得してもらいやすくなります。多くの道具を扱っている会社が良いかもしれません。

まとめ

DIYの資格を持っている場合、どんな就職先があるかです。まずはホームセンターなどの販売員があります。お客さんに道具や材料などを提案しやすくなります。それ以外には、電動工具などを製造や販売する会社の営業担当者があります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順