日曜大工でオリジナルの椅子が作れます

日曜大工でオリジナルの椅子が作れます

椅子を選ぶときに大切になるのが、大きさや自分に合った高さです。しかし、市販されているものは大衆に合わせている物が多く、なかなかフィットするものが見つけにくいです。そこで、日曜大工で自分に合った椅子を作ることができます。

事前に道具と木材を準備しておきます

日曜大工をするうえで大切になるのが道具です。最低限必要なのこぎりや金づちやスケールなどを準備しておきます。できれば、電動工具のドライバーや丸ノコやサンダーなどがあると、早くきれいに作業を進めることができます。特に、目ネジを使うのであれば、なかなか回すのが大変なため電動ドライバーがあればしっかりと固定ができます。次に、木材に関しては、素材もサイズもいろいろとあります。そのため、自分の体格やサイズに合わせて、幅や木材の強度などを加味しながら選ぶことが大切です。基本的には、ツーバイフォーの角材を使うことによって頑丈に作ることができます。最近はあらかじめ表面加工されているものが販売されていて、好きな長さに切るだけで使えるというものがあります。

構想を立て木材に墨付けをしていきます

まずは、構想を立てる設計図を作ります。設計図といっても、日曜大工なので本やインターネットの情報を参考にして、必要な木材の本数やサイズを決めていくことがポイントです。そして、椅子で大切なのが強度があることで、足の部分は太い木材や密度の高い素材を使うことが大切です。そして、設計図に合わせて木材に墨付けをしていきます。この時にポイントになるのが、切断をするときに少し小さくなってしまうのでその点も加味しながら付けていきます。そして、できるだけまっすぐに切るためには、90度に印をつけるためにL字金を使うことが大切です。そして、組み立てる番号も記入しておくと作業がしやすくなります。

椅子を実際に組み立てていきます

木材のカットが終わったら、実際に椅子の組み立てをしていきます。その時にチェックしておくポイントとしてサイズが合っているかです。椅子は足の長さが揃っていないと安定しません。そのため、最低限足の部分だけは長さを合わせることが重要です。やすりを使って微調整をしたりささくれをきれいに仕上げます。この部分をしっかりと行うことによって、日曜大工でもプロが作ったような仕上がりにできます。次に、ニスや塗装をしておき、乾燥したらくぎを打つところや穴をあけるところに印をつけます。そして、きれいに作るポイントとしてボンドで仮止めをしておくことです。L字金具を角につけることによってより強度の高い椅子にすることができます。

まとめ

自分に合ったサイズの椅子は日曜大工で作ることができます。最近は、ツーバイフォーなど加工がされている木材が販売されているため、手軽に作れるようになっています。そして、電動ドライバーなどの工具を活用することによって早くきれいに作ることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順