日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ

日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ

現在男性だけでなく女性にも人気が高いのが日曜大工をはじめとするDIYです。そのためこれから始めてみたいと考える人も多いですが、中にはアパートに住んでいるため行えないと諦めている人も少なくありません。しかしアパート住みでもDIYは行うことは十分に可能ですが、次のような点について注意しておかねばなりません。

部屋自体に傷をつけないように注意する

まず大前提として、賃貸アパートはあくまで人の部屋を借りているということです。そのため穴を開けたり勝手に壁紙を変えてしまうと、退去時に高額な修繕費を請求されてしまったり、場合によっては途中で退去を命じられてしまう事も考えられます。そのため内装のDIYをしたいのであれば、ベニヤ板やすのこをなどを壁の間に設置し、それを壁代わりに使うようにすることで、アパートであっても内装のDIYを行うことができます。また塗料などについても匂いが残らなかったり、万が一壁についたときにも簡単に取れるような塗料を活用するのも一つの手です。

隣や上下の部屋に事前に挨拶を行う

DIYをはじめとする日曜大工は大きな音が発生しがちです。そのため自身では特に気にならなくても隣近所にとっては作業中の音が非常に大きなストレスとなってしまうことがあります。せっかくDIYによって素敵な内装や家具を作っても、隣近所との近所付き合いが悪化してしまっては元も子もありません。そのため最低限でも両隣と上下の部屋に対しては、DIYの予定があるということや、騒音が発生するため迷惑をかけてしまう点などについて挨拶に行っておくと良いでしょう。場合によっては部屋の中でDIYを行うのではなく、ホームセンター等のレンタル作業室を活用するのも良いでしょう。

大規模な日曜大工を行う際は念のため大家に相談を

規約上問題無いとは言え、大規模な日曜大工やDIYを行うのであれば、事前に大家に相談することは重要です。特に古い物件の場合、壁に穴を開けたりしても規約上問題がないことはありますが、自身の退去時にそれらの修繕費を請求されてしまうことがあります。特に壁に穴を開けるDIYの場合は非常に高額な修繕費が発生することが懸念されるため、自身がどのようなDIYを行う予定なのか、隣近所に合わせて大家に相談しておくことで、隣人トラブルなども同時に防ぐことができます。特に資格が必要な工事を行う場合は必ず相談しておくことを忘れないようにしておかねばなりません。

まとめ

このようにアパートで日曜大工を行ったり、DIYをする際に注意したいポイントは数多く存在します。自身が住みやすく素敵な部屋づくりを行いたいのであれば、しっかりそれぞれの注意点を押さえておくことをお勧めします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順