アングルは日曜大工ではよく利用する素材

アングルは日曜大工ではよく利用する素材

日曜大工で棚を作りたいとき、重宝するのがアングルです。柱としても使えますし、模様の一つとしても使えます。切って使うこともあればそのまま使うこともできます。作りたいものによって、素材などを選ぶと良いでしょう。

棚を作るときに四隅に使うと固定しやすい

日曜大工で定番の工作品としては棚があります。室内で使うものもあれば、ガーデニング用などに屋内で使うものもあります。もちろん安定性が良くて、簡単には倒れないものが良いでしょう。ではどうやって作るのが良いかです。手軽に作るなら、アングル材を4隅に配置します。これは、L字タイプの素材です。直角に曲がっているので、その部分に板などを当てて釘やねじを使って固定します。柱の役割をしてくれる場合もあります。置く部分のみの板で棚を作ることができるので、他の材料の無駄が少なくなります。金属製は丈夫ですが、プラスチック製などもあります。

看板などの飾りに付けると雰囲気が変わる

看板の目的は、何かを知らせるためです。お店のことを知らせたり、工事の内容を知らせることもあります。通常は目立つ色などを使いますが、お店などでは目立つだけでなくおしゃれさも必要になることがあります。日曜大工で使われるアングルは、看板などにおいて飾りとして使うことがあります。広告部分が同じ色だとインパクトがあまりありません。この時に、周りを縁取りしたりすれば、中の文字を目立たせることができます。この素材を使うと、周りを飾り付けることが可能です。素材は鉄もありますが、プラスチックもあります。飾りだけであればプラスチックでいいでしょう。

強度を取るか加工のしやすさか色か

日曜大工をするとき、それぞれの材料の素材を考える必要があります。幅広い用途に使えるのがアングルです。直角に曲がった素材で、短いものもあれば高いものもあります。長さを用途に合わせて選びますが、ぴったりのものが見つからなければか加工が必要になります。まずは強度がしっかりしているかをチェックすることがあります。柱として使うなら、鉄製などそれなりに強度が無いといけません。デザインとして使うのであれば、あまり素材を気にする必要はないでしょう。加工しやすいものが必要なら、プラスチックや木製のものなどもあります。

まとめ

日曜大工では欠かせない素材としてアングルがあります。鉄製のものであれば、柱などに使って棚を作ることができます。プラスチックやカラータイプなら縁取りなどの飾りとして使うこともできます。プラスチックは加工がしやすくなります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順