日曜大工では塗装が重要なポイントです

日曜大工では塗装が重要なポイントです

日曜大工の楽しい部分として、自分で家具などを作り塗装をするという部分です。完全オリジナルでつくれるため、形や置く場所の雰囲気に合わせて考えることが大切です。そして、便利な道具もあり活用することでより楽しめます。

塗る場所によって塗装をすることが大切です

日曜大工で作ったものに色を塗ることによって、オリジナリティがでて楽しむことができます。そして、塗る場所によって塗装をすることが大切です。塗料を購入するときには、木部用と鉄部用のどちらなのかを選びます。用途に合わない塗料を使うとうまく塗れなかったりすぐに剥げてしまうこともあるので、せっかく塗ったのに意味がなくなってしまいます。そして、水性と油性があります。水性の場合は室内で使うものや木材に使われることが多いです。そして、油性は野外などに置くものや屋根などに使われます。雨などに濡れても取れることがなく強力に塗装ができます。

便利な道具を活用することで早くできます

記事のイメージ画像

塗装をするうえで大切なのが道具を活用するということです。基本的な道具では、刷毛やローラーなどがありますが、それ以外にも便利な道具があります。プロの人が使うもので、日曜大工にも使う人が増えているのがスプレーガンです。スプレーガンを使うことによって塗り重ねることができ、微妙な色合いを出すことができます。特に、デザイン性を重視したものにしたいときには、刷毛よりも繊細に行うことができます。そして、塗装をするうえで下準備が必要で、養生テープを使って塗料を付けたくない部分に付かないようにします。そして、塗装する面も状態に応じてサンドペーパーやシリコンスプレーによる脱脂なども必要になります。

実際に行うときに大切になることがあります

実際に塗装をする上で大切になるのが、しっかりと準備をすることです。まずは、塗料によってはシンナーを使ったりするため、通気性がいい場所で作業をします。そして、養生テープを使って保護をしてから塗り始めます。ここで大切なのが、一度にたくさん塗ろうとせずに塗り重ねることです。塗っている時には、きれいに濡れていても時間がたつと垂れてしまったり斑になってしまうこともあります。そして、細かい部分を塗るときには刷毛を使い、広い面を塗るときにはローラーを使うと時間短縮になります。そして、オリジナルで家具を作ったときには、ニスなどの処理をすることによってより完成度の高い物にすることができます。

まとめ

日曜大工の楽しみに、一から作り出すという部分があり、その後塗装をすることによって完全オリジナルの物にすることができます。そして、塗装を楽しむためにも、用途に応じて塗料を選ぶことと、道具を選択することが大切です。そして、塗るときのポイントとして、養生をして数回に分けて塗り重ねることできれいに仕上げることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順