日曜大工でテーブルを作るときの大きさ

日曜大工でテーブルを作るときの大きさ

日曜大工では、テーブルを作る機会が多いかもしれません。盤面の広さや脚の高さなどに気を付けておく必要があります。脚はがたつきの原因になりやすいので、切るときや組み立てる時に注意しましょう。3本取付けた状態で確認すると良いでしょう。

盤面の広さと足の高さをどうするか

家具の一つとしてテーブルがあります。いろいろなところで使われていて、ダイニングでは食事をする場所として使います。リビングに置くこともあります。書斎や勉強をするための机として使うこともあるでしょう。日曜大工で作る場合は、盤面の広さと足の高さを決める必要があります。ダイニングなどで使うならかなり広くないといけません。一方で、少し作業をするくらいならそれほどの広さは不要です。椅子に座るのか、床に座るのかで高さも異なります。どちらも決めないと作れないので、最初に決めておきましょう。何をするためのものかがわかれば、おのずと決まってきます。

脚の高さやちょっとしたずれに注意

記事のイメージ画像

市販のテーブルなどで、脚ががたつく場合があります。スチール製などなら、脚の底の部分に多少の調整ができる器具が取り付けてあります。それでがたつきを無くせます。日曜大工で作る時には、足の調整などに気を付ける必要があります。通常は四隅に4本の脚を取付けます。もちろんすべて同じ形、同じ長さでないといけません。人がのこぎりで切れば、ぴったりにならないこともあり、がたつきの原因になります。斜めに切るのもがたつきの原因になります。いかに脚の部分をきれいにそろえるかが大事になりますから、切る時には注意しないといけません。

軽いタイプにするかしっかりしたタイプか

自宅にある家具で必ずあるものとしてテーブルがあります。大きなものもあれば、物置として使うようなタイプもあります。ほぼ置く位置を固定しているものもあれば、使いたいときにのみ引っ張り出して使うものもあります。日曜大工で作る場合、軽いタイプか丈夫なタイプかがあります。軽いタイプなら、持ち運びができるので、いろいろな使い方ができます。素材の選び方にも注意しないといけません。丈夫なものを作るなら、従量が重くなる場合があります。丈夫だと、加工がしにくいこともあるので、それも考慮しておく必要があります。どちらかに合わせることが多いでしょう。

まとめ

日曜大工の定番としてはテーブルがあります。簡単に作ることはできますが、用途などを考えておかないと後で困ります。広さや高さや丈夫さを決めておきましょう。脚などは高さがずれやすくなるので、調整の仕方を気を付けないといけません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工をするためには道具が必要です
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順