日曜大工をするためには道具が必要です

日曜大工をするためには道具が必要です

記事のイメージ画像

日曜大工をするにあたって、用意しておいたほうが良い道具があります。そのため、事前に道具があるかを確認して計画を立てることが大切です。それ以外にもメンテナンスをしたり、自分に合っているかもチェックしておくことが必要です。

基本的なものをそろえておくことが大切です

日曜大工を始める前に、基本となる道具をそろえておく必要があります。その中で最低限持っておかなければならないものとして、金づちとのこぎりとスケールとさしがねです。最低限これがあることによって、家具をはじめ既存のものを修復したりすることができます。この中で、のこぎり選びでは、持ちやすく力が入れやすいかを実際に持ってみて判断をします。最近はコンパクトに折りたためるタイプもあり、いろいろと試してみることが大切です。ちなみに、使っていると刃こぼれしていることもあります。その時には、新しい歯に取り換えたり新調をすることが大切です。

電動工具があるととても便利です

日曜大工をスムーズに楽しくするためには、電動工具を持っていることも大切です。手動で使える道具も必要ですが、大きなものを作るときなどは電動工具を用意することで効率よく作業が進みます。まずは、電動ドライバーで、木材によってはねじ締めが大変なものもあり、電動でできるというのはとても楽です。しかも、女性でも扱いやすいタイプが多く、手元ライトがついているものにすることで安全に使えます。そして、丸のこがあることによって、まっすぐに切れるだけでなく、角度を付けて切ったりできます。もちろん、のこぎりを使うよりも何倍も速く作業を進められます。

凝ったものを作るときに便利なものがあります

家具を作るときには、電動工具を使うのですが、仕上げが結構大変だという面があります。その時に便利なのが、サンダーです。素人の人がカンナを使って表面をきれいにするよりも、手軽できれいにすることができます。しかも、広い面を均一に整えて行くことができるためかなり重宝する道具です。そして、凝ったものを作るにあたってトリマーやジグソーがあります。特にトリマーはビットを変えるだけで様々な形に削ることができ、テーブルなどの端をモールディング加工することもできます。そして、ジグソーを使うことによって一部分だけを切り抜いたり、若干技術は必要ですが好きな形に切ることができます。そのため、日曜大工でもプロが作ったような物を作れるようになります。

まとめ

日曜大工をするうえで、道具をそろえることが大切です。最低限に必要なものとして、金づちやのこぎりなどがあります。それ以外にも、電動工具の電動ドライバーやジグソーを使うことによって、仕上がりもきれいで楽に作業を進めることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

DIYの難易度と持っていれば役立つ資格
DIY資格合格のために本で学ぼう
就職するときにDIYの資格があると良い会社
DIYに役立つ資格は道具や材料やアイデアの知識
DIYのアイデアや発想法に役立つ講座
ゴミ箱を作ることから挑戦してみたいDIY
段ボールを使ったお手軽DIY小物を楽しもう
DIYで空き缶イルミネーションを作る技術
自動車をDIYするのに資格は必要ない
DIYで棚を作るならバランスや色も考える
日曜大工を快適にしたいのなら作業台を
日曜大工とは費用を抑えて、物作りを楽しめる作業です
日曜大工でテーブルを作るときの大きさ
初心者向けの日曜大工教室に参加しよう
日曜大工に必要な本は作品例などがあるもの
日曜大工の意味は達成感を得られること
日曜大工の入門はキットの利用や簡単なもの
日曜大工では塗装が重要なポイントです
日曜大工のアプリを活用していこう
日曜大工はアイデアを楽しめます
日曜大工で綺麗に家具を作りたいなら穴あけ作業が重要
アングルは日曜大工ではよく利用する素材
日曜大工をアパートで行う際の注意点あれこれ
日曜大工をプロに依頼するときのポイント
日曜大工でオリジナルの椅子が作れます
板に加工されている木材を利用すれば日曜大工は簡単です
日曜大工でウッドデッキを作るときの手順